ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 公務員定年延長廃案?――何より自分が大事の迷走劇

トピックス

公務員定年延長廃案?――何より自分が大事の迷走劇

 安倍総理は検察庁法改正案だけでなく定年延長を含めた国家公務員法改正法案全体を廃案とすることに言及。新型コロナウィルスによる民間の雇用環境悪化を踏まえ、公務員の定年延長は早急すぎるとの批判があることを理由に挙げました。朝令暮改もいいところです。

 確かに公務員の定年延長についてはさまざまな議論があります。私が副総理としてこの問題を担当した当時も、人事院の65歳定年制導入の意見書提出がありました。私は関係者と議論を重ね、民間企業とのバランスを考え、見送りを決定しました。60歳定年退職制を維持しつつ、その後1年ごとに最長65歳まで再任用できることにしたのです。あれから8年、今回、そういう経緯も踏まえつつ、様々な観点から議論を重ねた結果、65歳までの定年延長を国として決定したはずです。安倍総理も「目的は高齢期の職員の豊富な知識・経験等を最大限に活用する点などにある」と発言しています。これから10年かけて65歳定年とするものであって、現在のコロナ危機は理由になりません。

 野党が求める幹部検察官の定年延長特例規定の削除のみでは、自らの非を認めることになるので、この際全部やめてしまえということなのでしょうか。これまで内閣としてしっかりと検討し、改正法案を決定し、国会でも政府・与党がその必要性を説明してきたこととの整合性が問われる事態です。

 私が最も問題と思うのは、国家公務員制度という国の根幹を定める法案を自己都合で簡単に廃案にしてしまう、あまりにも安易な姿勢です。自分を守るためには何をしてもよいとの安倍総理、もういいかげんにしてもらいたいと考えるのは私だけではないはずです。



コメント
  1. むろけん より:

    安倍総理は政治を私物化し、それを追及されて旗色が悪くなると保身に全力を投入しています。首尾一貫しているのは、すべてが感覚論と思い付き、その場凌ぎの連続で、腰を据えて国民の利益を追求して合理的に考える姿勢があまりにも欠如しています。

    小池東京都知事にしても、感染症による死者数を少しでも減らすことばかりに気を取られてしまい、自分の立場や責任を守ることに四苦八苦しています。結果として、都民を不当に苦しめて損害を与えていると感じます。

    新型コロナ対応で現在要職にある政治家の弱点や無能さが露呈したのではないでしょうか? もうこれ以上自民党やその派生勢力に政治を委ねていてはいけないと感じます。残念なことに分散している野党勢力を再び結集して、政権交代を実現して頂けないでしょうか? 岡田先生はその中心になることができる数少ない代議士のお一人だと思います。

    新型コロナ対応の迷走で大きな被害を受けた若者たちが政治の重要性に気付き始めたかもしれないので、きっと次の国政選挙は高い投票率が見込めるかと期待しています。保守系勢力を粉砕するまたとない機会が来ると信じています。

  2. 森本慎治 より:

    私は、いい加減にして欲しいと思うが、彼にかわる人はいるのか疑問に思う。
    正直、日本の政治はひどい。
    いつまでも自民党が与党でいられるのは、野党がそれよりもダメだと判断されるようなことしかやってないからではないか?
    本気なら自民党みたいに若い人や若い議員に解釈されてないだろうか?
    若い人がもっと野党を支持したくなるような現実的で効果的なアピールをすべきと思う。
    積極的で建設的な記事をもっと配信してください。

  3. 仔羊 より:

    問題の法案は、この際一括廃案にして頂きたいと思います。巨悪を排除する為ならば、数年の定年延長は一旦棚上げするという応急措置を、当事者の方々も受け入れるのではないでしょうか?盲腸炎の緊急手術が必要の折に、先ずは栄養改善に取り組むというのでは最悪を招きます。

  4. 吉川 より:

    安倍氏にはうんざりしている。疑惑、疑惑、疑惑。嘘、嘘、嘘。保身、保身、保身。
    「悪夢のような安倍政権」「失われた8年」で日本は感染症対策もITも二流国になった。
    国別のリーダーのコロナ対策比較では当然最下位の安倍氏(一位はメルケルさん)。
    安倍氏は刑事告発もされ、氏には広島や桜から司直の手が伸びる。
    モリカケでは人一人亡くなっている。
    醍醐の花見でわが世の春を謳歌した豊臣秀吉はその半年後に死去。
    桜から2年、検察に捕まることを祈っている。
    日本のためにいなくなるべき人物。

  5. 遼遠 より:

    補正予算案に予備費10兆円もひどい話です。国会の審議なしで使える巨額の白地手形を無責任な安倍首相に渡すわけにはいきません。
    多分、内閣支持率が低下しているので、今年は臨時国会を開かないつもりなのでしょう。
    野党が臨時国会開会を憲法に則って求め、安倍首相はそれを無視。ようやく開いた際には冒頭解散する2017年の再来になるかも。2017年は民進党が分裂し、自公の大勝を許しました。今回は立国社の会派を一つの党にし、政権交代を実現してほしい。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP