ホーム > 2003年

トピックス

2003の記事一覧

2003.12.31その他
定例記者会見録 2003年12月
12月26日 ○波乱万丈の1年:政権交代の足場固め、国民の信頼回復を果たし感慨深い ○外国での日本政治家の発言、国会での野党政治家の発言も報道してもらいたい ○外国の要人に靖国批判をしたことはない、現地で日本人記者の質問 […]

詳細を見る

2003.12.31後援会会報
岡田かつや×岸本裕紀子「日本の未来について」
岸本 岡田さんは昨年、民主党の幹事長に就任なさいましたが、民主党の幹事長の仕事って何でしょう。 岡田 一言で言えば、民主党を立て直すこと。そして、民主党政権を実現して、日本の政治を変えることです。 岸本 私が一番伺いたか […]

詳細を見る

2003.12.15国会会議録
平成15年12月15日 第158回国会 衆議院国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会
岡田委員 民主党の岡田克也です。   まず、質問に先立ちまして、総理に一言お聞きをしたいと思います。 さきの総選挙が終わった直後だったと記憶をします。総理は、自衛隊をイラクに派遣することがこれで国民に支持をされた、つまり […]

詳細を見る

2003.12.05その他
戦後政治に大きな一歩 次の総選挙で必ず政権
――衆議院比例では第一党となったが、しかし目標の政権交代はできなかった。その原因について。 小選挙区で競り負け 地元での活動不足 今回の選挙二つの特徴があった。一つは政権選択の選挙、もう一つはマニフェストを前面に掲げた政 […]

詳細を見る

2003.11.30その他
定例記者会見録 2003年11月
11月28日 ○2年半前の国民への発信力を思えば小泉総理は様変わり、あと1年と持たない ○憲法9条をゆるがせにするイラクへの自衛隊派遣に対する「ノー」を行動で示す ○小沢代表代行からは有益なアドバイスをいただけると期待 […]

詳細を見る

2003.11.17マスコミ
論点―17 政党の存在意義を問う
題名:政権交代可能な二大政党制こそ日本再生のカギ ー民主党は必ずその一翼を担う パイを配分するためだけの政党、自民党 政党の違いを論じようとするとき、米ソ冷戦時代に存在した左右の対立をいまだに前提にする人がいる。いわゆる […]

詳細を見る

2003.11.17マスコミ
民主党 岡田 克也 幹事長に聞く
マニフェスト、伝わりにくい部分もあった 今回の総選挙は後に、2つの点で戦後政治の転換点と言われる重要なものになると思う。1つは、政権選択が国民の視野に入ったということ。今回の民主党は2大政党時代のリアリティーを確実に示す […]

詳細を見る

2003.10.31その他
定例記者会見録 2003年10月
10月22日 ○藤井問題について調査しない国交相や総理は道路族と同じ穴のムジナ ○イラン核開発問題:日本の首脳は英仏独の爪の垢でも煎じて飲んだらどうか ○マニフェストビラを550万部増刷し800万部に、マニフェスト浸透の […]

詳細を見る

2003.10.21マスコミ
民主党と自由党が合併。新・民主党はどう動くか・・
民主党と自由党が合併。新・民主党はどう動くか・・ 日本でも二大政党による政権交代は、実現するのか――。民主党と自由党が合併し、国会議員数も204人となり、与党・自由民主党とほぼ対抗できる勢力となった。マニフェスト(政権公 […]

詳細を見る

2003.10.19マスコミ
[日本の選択]外交・安保 イラク戦争と日米関係
ひどくなった対米追随、「言うべきは言う」同盟関係に──岡田克也・民主幹事長 ――イラク戦争開戦前、民主党が政権を握っていたら、どんな選択をしましたか。 (戦争ではなく)査察継続ですね。特に、ブッシュ米大統領の「先制攻撃正 […]

詳細を見る


TOP