ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 共産党との関係 ―対話を重ね、より共通の認識を

トピックス

共産党との関係 ―対話を重ね、より共通の認識を

 共産党の志位委員長の求めに応じて無所属フォーラム代表として会談しました。「安倍政権を倒し、政権交代を目指す」という野党各党党首の会談結果を踏まえて、「連合政権」をどう創るかについて共産党の基本的立場を明らかにした「野党連合政権にのぞむ基本的立場」の説明をしたいということでした。


 具体的には、
1.消費税について5%への減税を共産党は求めながら5%減税に賛成しなければ野党共闘は行わないとの立場は取らない、
2.共産党として自衛隊は違憲と考えるが、連合政権としては合憲でよい、
3. 日米安保条約は廃棄を目指すが連合政権として「維持・継続」する、
4. 共産党は国民多数の合意で社会主義、共産主義に進むが、連合政権としては体制選択は問題にならない、など柔軟な姿勢であることが説明されました。
また5.閣内協力と閣外協力どちらになるかについて現実に即して最善の道を選ぶと説明されました。

 私からは先ず、共産党を含めた野党が力を合わせて選挙を戦うことの重要性を強調しつつ、今回の共産党の現実的な対応策について評価すると述べました。
 その上で、自衛隊は違憲だが連合政権としては合憲というのは分かりにくいのではないか、自主防衛を共産党が主張しているのであれば、その裏付けとなる実力組織としての自衛隊を合憲と認める方がよいのではないかと指摘しました。
 また、選挙でともに戦ったとしても閣内協力、閣外協力以外の協力のやり方もあり得るし、その際連合政権という言葉に拘り過ぎると誤解を招く可能性もあるので、より柔軟に考えた方が良いのではないかと発言しました。

 これからも共同会派の一員として立憲民主党や国民民主党などと歩調を合わせて共産党と対話を重ね、できるだけ共通の認識に立つことが大切だと考えています。





コメント
  1. 大福 より:

    三重県民として応援していますが、ここにきて大切なのはコロナへの対応ではないでしょうか。その事に一言も触れられていないのはなぜでしょうか。
    政権交代云々は問題終息してからで間に合います。コロナは待ったなしです。
    頼りない政権だからこそ岡田さんの指導力に期待しています。
    どんどん政権に正しい圧力をお願いします。

    • ユウイチロウ より:

      いや、正にその通り。私も岡田さんを絶対的に応援していますが、チャイナウイルスをスルーしないで下さい。

  2. 林直哉 より:

    全面的に支持します。

  3. ヒロ より:

    有難うございました。お互いを認め対話により力を結集してください。国会が正常化し活性化することを期待しています。

  4. より:

    “その際連合政権という言葉に拘り過ぎると誤解を招く可能性もあるので、” との事ですが、「誤解」とはどういうことなのでしょうか?

    まあ、政権交代で今の与野党が反転したとき、野党が自公維というのも頭が痛いですが、、、

  5. 真中進 より:

    共産党を支持していますが、岡田議員は、最も総理になってほしい方です。野党は、チャンスがありながら、今までことごとく自爆してきました。連携を確たるものにし、自民から政権を剥奪してください。さらに、小選挙区比例代表制を廃止してください。

  6. 坂本明子 より:

    作られた根拠のない「共産党アレルギー」は乗り越えていただきたい。

  7. 小関忠雄 より:

    お願いします傲慢なアベ政治を止めて下さい。ホント命がかかってます。この段になって「マスク」を2枚配るなんて事を会見で言える感覚、幼稚化している。野党が団結して選挙で勝って追い詰めて行ってください。東京もパフォーマンスしかない小池知事を辞めさせて下さい。

  8. 上林芳夫 より:

    東アジア(とくに中国、韓国、北朝鮮)との関係が重要ですので、連合政権として整理する必要があります。

  9. nao より:

    支持します。
    野党共闘、連合政権の実現に向け着実に進めてください!どうかお願い致します。

  10. キキ より:

    無党派ですが、岡田さん志位さんは、知性、お人柄信頼しています。今の内閣、政府は、素人目にも機能していません。壊れています。今直ぐに正しい判断ができる人達が、与党、野党協力してこの困難を乗り切る道を示して下さい!安倍総理、その取り巻きには、バカはひつこんでろ!と。
    今は行動あるのみです。
    よろしくお願いします。応援してます。

  11. おちあい より:

    ブログでの表明ありがとうございます。民主党で闘われた、参議院選挙で、初めて名古屋の三越前で岡田さんに握手をしていただきました
    野党共闘の、掛け声がなければ一生岡田さんを、自ら演説を拝聴することもなかったでしょう
    もうひとつ、ご理解いただきたいのは、その三越の前で、隣の方にお声がけしたことです。どちらからですか?議員さんたちだけではなく、市民レベルでも挨拶ぐらいは交わせる関係と期待に目を向けてください
    更に、時を経て、自民党の心ある人の多くが、山本太郎さんや共産党に興味を持ち始めている流れが生まれてることです
    連合は、たしかたに大きな支持層かもしれませんが、無党派層の方がおおいなか、従来のやり方にしがみつかないで、ご活躍下さい

  12. 高橋清 より:

    三重県民です。共産党シンパですが、国防に関しては岡田さんのおっしゃる通り、共産党はそれこそ柔軟に自衛隊を合憲と認めた方がいいと思います。
    今こそ岡田さんの表舞台への登場を期待しています!出来れば義兄の村上誠一郎議員とタッグを組んでIいただきたいです。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP