ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 予算委員会―不十分な答弁が繰り返された

トピックス

予算委員会―不十分な答弁が繰り返された

今日の予算委員会では、3つの問題をとりあげました。

1.米軍に対する情報提供について
中東への自衛隊については、米軍とのデータリンクをしないというのは、私としては初めて聞いた話でした。米軍司令部とはしないとは聞いていましたが、例えば一つの不審船に対応している米海軍と自衛隊とは直接のデータのやり取りはしない、ただ情報を伝えるだけという話でした。
仮に安倍総理の答弁が事実としても、自衛隊が伝える情報が決定的なものとして武力行使につながることもありうるのに、武力行使と一体とならないという説明は残念ながら聞くことができませんでした。

これはかなり微妙な問題で、最終的に現場の判断に放り投げてしまっていると言わざるを得ません。緊張感ある中で、現場の自衛隊の責任者が非常に苦しい判断をせざるを得ません。場合によっては憲法違反にもなる大きなことなので、非常なストレスを感じることになると思います。

また今回、政府は日本の独自の行動だと言っています。しかし、いざとなると自衛隊の活動する海域の中で不審船が現れれば、そこに米軍がいれば、日米で協力しながら行動することになるという事態も排除されないので、日本の独自の行動という説明は現実的ではありません。
国民には「これは日本関係船舶の航行の安全を確保するためであり、独自の行動で有志連合には参加していない」と説明しているし、イランにもそう説明していると思われますが、現実には米軍に対する情報提供というのは自衛隊派遣の意義づけの中で大きなウエイトを持っています。

イランから見たときに、日本のやっていることに様々な考え方が出てくる可能性があって、その結果派遣された自衛隊の安全や、もっとも重要な目的である日本関係船舶の航行の安全にマイナスに働く可能性があります。そういうことについて、国会等で十分な議論がないままに自衛隊を出してしまったことは大変問題であると思います。


2.マクロ経済スライドと国民年金について
年金制度については、昨年出た今回の検証結果はマクロ経済スライドを、ほぼ基礎年金部分で調整することになっています。その理由は技術的な理由ですが、本当にそれでいいのか、まず問題提起しました。

厚生年金加入者にとっては、1階(基礎年金)2階(厚生年金・報酬比例部分)のどちらで調整してもらっても、あまり影響がないかもしれませんが、1階しか加入していない国民年金受給者にとっては、もっぱら1階のみで調整されるというのは厳しい状況です。もともと6万5000円という少ない額で、ぎりぎりの生活の国民年金受給者にとっては、所得代替率が10%下がると言うのは非常に大きな話だと思います。
厚生年金の適用拡大などの対策で埋め合わせすると総理は説明していますが、本格的なリカバリー策になるとは思えません。ここは最低限の生活の保障すら危うい水準である国民年金、基礎年金をどうするかということを議論することが、年金改革の本丸であると思います。

3.地域温暖化問題について
地球温暖化問題について、切り札としてカーボンプライシングを質問しましたが、総理答弁は長くて、閣僚で相談してくれということでリーダーシップのかけらもありません。
民主党政権時代に導入した地球温暖化対策税制はすでにあるのですから、上積みしていけばよいのです。炭素に値段が付けば、炭素を出すことに投資が抑制されて、省エネ新エネの導入が進みます。
基本的な対策なので、それに後ろ向きなのは理解ができません。小泉大臣の答弁も聞きましたが、具体的なアクションは何もなく、もう少し踏み込んだ答弁を期待しただけに残念です。


◇ 記者とのやり取り (国会質問後の記者レクを基本としたものです)
Q.武力行使につながるセンシティブなものだが、政府は「基本的には」とか「一般的な」とか言葉尻で逃げている印象があったが、どう思いますか?

従来の政府見解との整合性が取れないのが分かっているからではないか。
米国とイランの関係は、現在は小康状態ですが、自衛隊の派遣先は緊張感を持った海域になる可能性がある。私が話したケースは十分におこりうる可能性がある。
不審船とか軍の船がどうやって動いているか知るために自衛隊は派遣されている。日米で協力して対応する以上、武力行使と一体化の可能性は排除できないというのでは現場も大変だし、日本国憲法の問題としても大きいと思う。


Q.情報のやり取りの議論の中で、特定の国から特定の情報をとる行為は一体化になる可能性があるという説明があった。こうした限定的な解釈についてはどう考えますか?

今の質問は、法制局の見解だが、私が取り上げたのは政府の答弁は法制局見解すらはみ出しているのではないかという問題意識だ。従来の政府見解をさらに狭めるようなことをいっているのが問題だと思う。


Q.ここまで充実した議論ができていなかったのはどう思いますか

議論する余地を与えずに閣議決定だけで自衛隊を出してしまった弊害だと思う。
自衛隊の皆さんも気の毒だと思う。



コメント
  1. hiro より:

    今更始まった事では無いと自分的には思う、質疑には謙虚に丁寧に回答するといつも安部総理は言ってるが長々訳解らん答弁してきちんと回答しない、都合悪くなると事務官や閣僚に任せて誤魔化す、
    治らんでしょ早く誰かが政権交代させるべきだと感じた、今日の国会は酷い棚橋衆議院国会委員長は不必要な発言を質疑中にして邪魔して居た、まるで漫画みてる様に感じた大丈夫何ですかねこの国は。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP