ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 合流協議 -しばらく棚上げし、国会に集中を

トピックス

合流協議 -しばらく棚上げし、国会に集中を

立憲民主党と国民民主党の合流協議、国会開会前に決着させることができませんでした。
私としては、この間自分なりの努力をしつつ、両党幹事長・代表間の協議を見守ってきたのですが、本当に残念です。枝野代表も綱領の加筆や比例選挙の搭載順位の扱いなどかなり譲歩した提案をしたのですが、玉木代表と合意には至りませんでした。

重要な国会も始まった以上、まずは共同会派として国会対応に集中することとし、合流協議はしばらく棚上げすべきです。国会開会日の立憲民主党議員総会にオブザーバーとして出席した際に、私からは①総選挙を一体として戦えるような共同選対的な組織を作る必要があるのではないか、②参議院においてより円滑な共同会派の運営に更に努力してもらいたいとの2点をお願いしたところです。

野党に期待している国民の多くは両党が合流して、より力強いかたまりとなることを期待しています。予算委員会はじめ国会論戦をともに協力して戦う中で信頼関係を深め、会期中のどこかで再度合流を協議する必要があると私は考えています。私自身は、いましばらくはどちらの政党の仲間とも交流するため無所属で活動していきます。もちろん国会活動は共同会派の一員として。



コメント
  1. 吐夢 より:

    昨年末以来メディアを賑わせてきた「合流」話を危なっかしく眺めてきた。巨大与党に対抗するためには大きな塊が必要だという考えはわからないでもないが、理念も政策も違う政党が「次の選挙に勝てばよい」と離合集散を繰り返しているようでは民主主義の筋をゆがめるだけで。有権者の立場からみれば堪ったものではない。
    数合わせの寄せ集め集団が政権をとったところで、政党の地力が伴わなければすぐ失敗することは、民主党政権において既に実証済みである。「立民」もすぐに自民党政権に代わる政権政党になれるわけでもないし、すぐに目指すべきでもない。
    枝野氏も「永田町の数合わせには組しない。永田町の駆け引きと受け止められたら、国民の期待は受けられない」とも語っており、外野に惑わされず、まずは政権を厳しくチエック・対峙し、まっとうな野党を築いてほしい。

  2. 市谷文月 より:

    かつて「小異を捨てて大同につく」と田中角栄と周恩来の間で日中国交正常化が行われたわけですが、この時の小異はいまだに尾を引いていると思います。小異を捨てずに大同に就くことができれば新しい政治が開けるのではないでしょうか。不可能なことではないと思いますが、双方の努力と自己改造が必要でしょうね。

  3. ただぽん より:

    呑気すぎます
    解散打たれてから、また時間が足りなかったとかいう言い訳は聞き飽きました
    若い人に任せて口を一切挟まないでください

  4. 北じい より:

    極めて残念な結果ですね。暴走する安倍政権と対峙するには野党の大きな「塊」が求められます。この度は残念でしたが
    合流に向けた協議の芽は摘み取らないで、当分は通常国会に集中しながらも「野党の大きな塊」に向けて立民も国民も最
    大の努力をしてほしいと思います。岡田さんは、両者を纏める最大の実力者です。国民が期待している「塊」実現に向けて力を発揮してください。期待しています。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP