ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 党首討論─長々と答弁し、発言を封じようとした総理こそルール違反

トピックス

党首討論─長々と答弁し、発言を封じようとした総理こそルール違反



党首討論(国家基本政策委員会合同審査会)に久しぶりに出席しました。前回の党首討論では、持ち時間が3分ということで、これを他党に渡し、今回はその分も合わせて6分。取り上げたのは、森友問題を中心とする安倍総理の政治責任の問題です。

まず、森友問題について、公文書の改ざん、隠蔽、廃棄、そして、国会での虚偽答弁。これらは行政の問題ということで済ませていいのか。民主主義の根幹に関わる問題だという認識はあるのか、と聞きました。総理は「行政府の長としてその責任を痛感している」と答弁しました。

私は常々、森友問題、加計問題などについて、安倍総理が「行政府の長として責任を感じている」とか、「行政府の長としてお詫び申し上げる」という言葉遣いをされることに、非常に違和感を覚えてきました。今回の党首討論でも、安倍総理は同様の表現を使われたわけです。

この安倍総理の発言に対して、責任転嫁としか聞こえない、行政府が悪いことをした、だからその責任を感じるとか、お詫び申し上げるということではなくて、総理自身も当事者であるという認識はあるのか、と聞きました。

昨年2月、「私や妻が認可あるいは国有地の払下げに関係していれば、間違いなく総理大臣も国会議員も辞める」という安倍総理の発言があり、その発言と矛盾がない結果を導き出すため、財務省は虚偽の答弁を行ったり、あるいは、決裁文書の改ざんを行ったたりしたのではないか。総理を守るためにやむなく、財務官僚はやったのではないか。自己保身もあったし、もちろん、罪深いことをやったのだが、その根本にあるのは、総理を守るためであり、そのような事態を招いたことに責任を感じていないのかと指摘したのです。

総理は私の質問に答えず、2分40秒、長々と答弁しました。都合が悪いことについて、時間切れを狙ったことは明らかです。長々と話して、鉢呂会長から3回、「発言をまとめろ」という発言があったのに対して、「これでこの討論は終わりになるわけでありますが、私が申し上げたのは、そういうことで申し上げた」と言って、また発言を続けたのです。つまり、この答弁はこれで終わるが、最後に岡田に発言させないという意図が見え見えの総理の長い答弁でした。

鉢呂会長は、「以上で岡田克也君の発言は終了しました」と一旦言われましたが、私は立ち上がって、官僚が虚偽の答弁まで行ったことについて、「あなたを守ろうとしてやったこと。良心の呵責を感じないか」と最後に発言をしました。自殺された職員や、悩み苦しんだ職員のことが念頭にありました。

討論が終わったあとで、総理は、「やっぱり岡田さん、ルールを守らないと」と叫んでいたようですが、長々と答弁して、最後に私の発言を封じようとした安倍総理こそルール違反であり、もう少し党首討論が意義深いものになるように、総理には猛省してもらいたいものです。



コメント
  1. オリ-ブ より:

    全く人としてどうかと思い、あきれ果てた安倍の答弁でした。こんな馬鹿げた答弁をさせないよう何とか選挙で勝ちたいものです。国家も国民の命も私物と思っている人物には早く退場してもらいたいです。

  2. blue moon より:

    初めまして。岡田さんが書かれた通りだと思います。安倍氏が質問にきちんと答えたところを見たことがありません。何故なのでしょうか?最後の岡田さんへの捨て台詞といい、もしかして他人を尊重することが全く出来ないのではないかと思います。大変恐ろしいですが、このままでは日本は終わると思います。

  3. 怒れる国民 より:

    「良心の呵責を感じないのか」この発言は安倍さんに対して多くの国民が持っている感情だと思います。代弁していただいた思いで聞いていました。また、「行政府の長として・・・」という表現に「違うだろ」と怒っていた私にとって、岡田さんの主張はすべて納得できました。
     公文書が首相夫妻の言動に絡んで書き直されるなど前代未聞のあってはならないことが起こり、また、権力の狭間で悩み自殺した職員がいるこの事件、絶対にこのまま終わらせてはならないと思います。
    安倍さんには、正論は通用しない様に感じています。このまま行っても手詰まり感があり、世の中の感覚からは「飽き」がきているのかなとも感じます。国会での追及の仕方を変えていく何か方策はないものでしょうか。
     でもどうか、あきらめないで徹底解明し責任を取らせること、お願いしたいと思います。

  4. トシちゃん より:

    全く、安倍晋三には常識は一切通用しませんね。マスコミは野党の追及は決め手を欠く、などと書いていますが、実際には事態は明らかになってます。議会での多数を頼みに、どんなことでも押し通そうというやり方に対抗するには、安倍辞めろの大衆的な運動を広げるほかないですね。東京で100万人規模のでもをやる。全国で一斉にデモをやる(1000万規模の)こういう運動で安倍政権を押しつぶすことを考えないと、日本の利益、国民生活、民主主義、すべてが破壊されてしまいます。そろそろ決戦の時を準備しなければ大変なことになります。頑張りましょう。

  5. デブⅡ号&スー より:

    私は 安倍さんの答弁のように 関係ない事を持ち出して 長々と論じ あたかも 真実を答えているいるように見せかけ 責任の転訛を図る事を「安倍ずる」と言っています。「安倍ずる」のずるは 狡いを込めています。

  6. 島津眞 より:

    党首討論を拝見し岡田さん流の追及質問で国民が安倍氏に言ってやりたいことを代弁してくれたと感激しました。モリ・カケ問題で官僚の答弁は首相を守らねばとのことからウソにウソを重ね決裁文書まで改ざんしたことは明らかです、良心のかけらもない、まさにその通りだと感じ首相としての資質がないと恥じ入るばかりです。やはり野党第一党は大きくなくては結果的には数で押し切られてしまいます。
    前にも意見を述べさせていただきましたが早く立憲民主党の支持率が高いうちに一体となって野党を強くしてください
    国民・立憲の合併は困難と思います、無所属がさきがければ小沢氏の自由党も国民民主からも動きが出てくると思います。時間はあまりないのではと感じています。新人が多く論客の少ない立憲をささえてください。
    外交の安倍と言っていますがこの五年間で北方領土は一島でも帰ってきましたか、拉致被害者は一人でも帰ってきましたか、中国とは・韓国とは何一つ結果が出ていません、米国にはいいように振り回されています、発展途上国には支援と称し税金をばらまいています等々、早く正常な国会、国民を向いた政策が進むよううごいてください期待しています。

  7. きっちゃん より:

    良心の呵責???
    安倍さんに良心の有無を問うのは無駄でしょう
    この人が、人並みの良心を持ち合わせていたら、
    とうの昔に首相の座を引いていたはずです
    嘘に嘘を重ねて平然としている
    こんな人物が日本国のトップとは・・・
    恥ずかしくて・・・情けなくて・・・

  8. M.Y より:

    「ルール守んなきゃ」ってどの口で言っているんでしょうか。モリカケ問題は総理主導のルール違反なのに。
    安倍総理との討論は苛立ちと空しさが募るばかりではないでしょうか。
    それでもあきらめずに,正論を実直に吐き続ける岡田さんに,良識ある市民は信頼を寄せています。
    安倍内閣を倒すべく,他の野党とともに闘い続けてください。お願いします。

  9. 高橋 正樹 より:

    昔、牛歩戦術がありましたが……

  10. おじこさん より:

    その通りです。
    野党は何のためにあるのか。
    「政権準備党」ではないのか。
    野党を馬鹿にする総理大臣は、
    日本国に必要ない。
    与党の仕事は何ですか?
    野党をないがしろにすることですか?
    強行採決ですか?
    お友達ファーストですか?

    もう一度考えてほしいところですね。
    岡田さん、「国民とともに進む」
    よろしくお願いいたします。

  11. 野々垣 真美 より:

    猛省ではなく、公文書改ざん等々一連(いっぱいありすぎて書ききれません)の責任をとって辞任=内閣総辞職が必須だと思います。
    こんな非常識なことがまかり通る国では国際社会から見放されること、国の威信は地に落ちていることはみな知っています。とても先進国とは言えませんし、相手にされなくなる、いやすでにされていない。
    とにかくなんとか「一強政治打破」してください。

  12. MITSUO より:

    世界の先進国の政治を預かる長の発言としてあり得ないことです。言ったもん勝ちという場面が多々あり恥ずかしい限りです。が、それを感じていないのでますます腹がたちます。野党の方々は世界に恥じない政治体制に早く戻るよう一致団結してほしいです。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP