ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 疑問だらけの自民党憲法改正案

トピックス

疑問だらけの自民党憲法改正案


自民党の憲法改正案が明らかとなりました。党内議論も不十分なまま、拙速にまとめられたものです。多くの疑問がありますが、特に自衛隊明記について、指摘したいと思います。

そもそも、私は、立憲主義や憲法の平和主義を理解しない安倍総理のもとで、憲法論議、特に9条に関する議論をすることは反対です。まともな議論及び結果が期待できないからです。その上で、今回発表された「9条の2」追加案についてコメントしたいと思います。

まず、当初案にあった「必要最小限度の実力組織」を改め、単に「実力組織」としたことは大きな問題です。今までの政府解釈は、憲法の平和主義に基づき、武力行使に抑制的であることの具体化として、「必要最小限度の実力組織」のみが認められるとしてきました。これを削除することは、必要最小限度以上の実力組織を認めることになります。武力行使の範囲が大きく拡大し、専守防衛の考え方を変えることになりかねません。安倍総理は、「9条の解釈は変わらない」とたびたび明言していますが、明らかに今までの憲法解釈を否定し、異なる考え方を憲法に明記するものです。

次に、「我が国の平和と独立を守るために必要な自衛の措置をとることを妨げず」としていますが、あまりにも漠然とした表現で、規範として役割を果たしていません。安全保障法制の議論では、「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態」と法律に明記されました。この表現自体、大きな曖昧さを残すものですが、それと比べても明らかに武力行使の範囲が拡大しています。この規定では、広い範囲で集団的自衛権の行使が認められることは確実でしょう。

憲法9条改正は、まず、憲法の大原則である平和主義をどう考えるか。そして、我が国にとって必要な自衛権行使の内容を冷静に議論し、国民の理解を得ることこそが必要です。その上で、必要に応じて憲法の文言をどう変えるか、そして、その憲法のもとで、どのような安全保障法制を整備するかを論じる、というのが順序です。

いずれにせよ、ポスト安倍政権における重要課題であり、安倍政権において、まともな議論を期待することはできないし、すべきではないと思います。



コメント
  1. 林 直哉 より:

    岡田 かつや さんの意見に
    賛成です。このままでは将来の
    日本に安全はありません!

  2. 島ケン より:

    賛成です。まず安全保障体制は今のままでよいのか国民議論が必要。また安保法のごとき、一部集団的自衛権を求まるのか等をまとめたうえで、憲法の文言(表現)改正を行うべき。

  3. Tak より:

    自分の国を守るという権利は保持するわけですから、その実行部隊である自衛隊を憲法に明記することは必要と考えますが、それをどのように表現するかが課題と思います。今の憲法表現の「武力を保持しない」という文章を残しながら武力能力の多少は別として「武力を持つ自衛隊」を追記するという自民党案は矛盾点を抱えることになるのではと考えます。追記ではなく自衛権の保持(個別的自衛権)をベースにどのように自衛隊を明記するのか、全体の見直しとそれを改めて定める(改定)ことが先ずは第一歩として必要かと考えます。

  4. 旧姓かとちゃん より:

    岡田さんの言うとおりです。頭の悪い安部さんがただ長くて見にくい政権の最後にただただ何とか憲法を変えた、9条を変えたと言う歴史的な事実(?)を残すためだけの飛んでも無い国民無視の暴挙だと思います。

  5. 進党歌右衛門 より:

    そもそも安倍晋三と言う人間性です。責任は全て私にありますと言って責任を実行もせず、泥棒が泥棒の法律を作るようで日本の未来を危惧するのです。一国民は、権力に手も足も出ず、古来ならば百姓一揆で意思を示すも現代社会の自民党一党独裁に、北朝鮮、中国、ソ連の権力者の陰謀を見るようで、文書改ざんがどうして行われたかを首相本人が一番知っているのに、シラっと答弁する姿に、正直者が馬鹿を見る社会になってしまったと、感じています。きっと子供たちもこれからは、都合の悪い事には、刑事訴追の恐れがありますので、発言は控えますと、言う時代になるのでしょう。ぶつけ様のない怒りが充満するこの頃です。どこかに正義の力を期待しているのです。岡田氏の奮闘を願っています。

  6. 佐々木 豊 より:

    アベ首相は議会で憲法論議になると「憲法調査会」で議論してください。と言う。健保改定を連呼しながら国会では逃げまくる。絶対許せない。

  7. akikatu より:

    今の嘘つき内閣の下での憲法改正なんかもってのほか、恐ろしい日本に改竄されそうで絶対に反対です。

  8. akikatu より:

    今の嘘つき内閣、腐りきった安倍首相のもとでの憲法改正なんか絶対反対!ましてや9条には立ち入らないでもらいたい。平和な日本は安倍首相では望めない。

  9. しずじいさん より:

    岡田さんのご意見に全く同感です
    今の政権は日本のためになりません
    頑張ってください

  10. エコノミスト より:

    おっしゃる通りです。
    日本の平和主義、個人主権、基本的人権も、前面に打ち出しながら、憲法第9条の二項で、必要最低限の自衛に限る武力装置という表現が無くなっては、前項と矛盾した項目を加えることになって、追加した項目の内容が優先されると解釈されたなら、平和主義が崩れてしまいます。不戦の誓い、2度と日本は戦争に与し無いという基本的な考えが、葬られて日本の存立危機の場合という条件も外されるとなれば、日本が米国と一緒になって世界に軍事力を行使できる国になってしまうのです。これは平和憲法が根底から崩れて行くことです。若者はこういうことの理解が行き届かず、単純に自衛隊は必要だから安倍晋三の憲法改正は正しいと錯覚することに繋がって行くのですね。大変なことです。現在の天皇陛下が、昭和天皇から言い含められてきた、戦争開始を止められなかった、戦争を早期に集結させられなかった後悔のねんが言い伝えられているので、現在の安倍晋三の行動には憤りが爆発寸前でしょう。何としてもこういうことの理解がされるように公表すべきですね。

  11. Gregg otake より:

    全く同感です。日本の憲法の3本の柱で世界に誇れるものは平和主義だと思っております。
    今、我々がやるべきことは、此の原則をいかに守り世界平和に貢献するかということだと思います。
    やたらに危機を煽り平和主義をないがしろにする自民党の憲法改正政策には絶対反対です。

  12. 亮さん より:

    森友問題での晋三君の対応見ても、官僚の報告記録に自分の妻の行動が明記されていながら正々堂々と説明しない不誠実さ。日本会議に関係する人たちの考えに賛同するなら堂々とそう言えばいい。その辺を曖昧にしながら憲法を論じて
    いる彼の感覚を知らずに国民が引きずられていったらどんな国家に変貌していくか。彼の言動を見ていれば誰でもすぐ判ることではないでしょうか。
    私は所謂左翼ではないですが、ある団体の9条の会に所属しています。9条の取り扱いは改憲、護憲だけでで議論する様な簡単な問題ではないと思っています。9条を持つわが国の歴史をしっかり考えていかなければならない。世界にも発信できる要素を充分持っていること等含め。政治家としてこの辺のことを考えるセンスを晋三君は全く持っていないと私は思っています。1941年生まれの76歳、商社OBです。

  13. クリちゃん より:

    岡田かつやさん、自民党の改憲案反対の趣旨に賛同いたします。ここ三年間に作られた特定機密保護法案以来、政府がなすことは、国民の自由や、多様な意見を潰す方に進んでします。今まで戦闘行為をせずに済んできた自衛隊を守るためにも、現行の憲法を活かす方向で審議してください。資源の少ない国ゆえに、国民の命を大事する政治を行ってください。ここ森友・加計問題で示された行政機構まで、危うくする行動をとっている現政権下で、議論が十分尽くされ、少数者の意見も聞かれることが期待できないので、言葉をすり替え、戦争のできる国にしようとしている人の元で、改憲は絶対させないでください。応援します。
    菅邦子

  14. ごろちゃん より:

    ご苦労様です。安倍政権下での憲法9条改憲は、貴志の考え方に、全く同感です。憲法の存在意義について、国としての生業ではなく、主権者である国民が、当時の行政権者である内閣の横暴を監視出来る様、定めたものであり、その立場を、理解していない、現安倍政権下での憲法改正論議は、成立しないものと思っています。安全保障法制についても、反対ではありましたが、より一層、不安にさせる、今回の改正案だと思います。

  15. 道端壮一 より:

    堂々と、国会で、審査会で、テレビ討論で、公開討論で、やって欲しいですね、

  16. MacFujiyama より:

    安倍政権がやることは全て強引に戦前の状態に戻すことだ。これを突き進めれば、最後は徴兵制も必要になる。

  17. 楠本雄二 より:

    全くその通りです。安倍政権の時は議論しない。

  18. 木下晴雄 より:

    やはり平和憲法は守りたいです。

  19. 関目さん より:

     憲法9条改正は2項を削除して、自衛隊を国軍と明記するべきである即ち陸軍、海軍、空軍と明記するべきである。その長は内閣総理大臣である。この様にすれば1たん事ある時国民を守るため使うことが出来る。

  20. T-hahi より:

    国民の側から 憲法改正の意見は出ていないのに、とにかく、どことでも戦争を出来る国にしたい、という自民党、特に安倍首相個人の祖父から受け継いだ願望を果たしたい、ということのためにお付き合いすることはおことわりしたい。国民はもっと怒らなくては、という気持ちだが。かつての安保闘争の気概はどこに行ったのか、若い人たちの個人主義的な思想なのか、おとなしい現状に歯がゆさを感じます。

  21. 北葛城のおっさん より:

    「日本の領土が他国に侵された時の正当防衛の権利は放棄しないものとし、そのための自衛の戦力を保持する。」と追記すればどうでしょうか。

  22. 北葛城のおっさん より:

    先の投稿に追記です、現行の9条への追記案デス

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP