ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 米核態勢の見直し─核なき世界に逆行、高く評価するとは一体何事か

トピックス

米核態勢の見直し─核なき世界に逆行、高く評価するとは一体何事か

先般、米国の「核態勢の見直し(NPR)」が発表されました。河野外務大臣談話では、これを「高く評価する」としていますが、私には全く理解できません。

いくつか重大な問題があると言われています。まず、オバマ政権の2010年NPRは、核兵器の数と役割を低減させるというものでしたが、今回は逆にそれを拡大させようとしています。180度、核軍縮に関する考え方が変わったにもかかわらず、それを「高く評価する」というのは、一体何事かと言わざるを得ません。

戦略核について、米露間で新START(新戦略兵器削減条約)が実施され、本来であれば、その次のステージとして、戦略核の更なる軍縮について、米露、場合よっては中国も巻き込んで、しっかり話し合わなければなりません。しかし、核軍拡という流れができたことで、そういった戦略核の軍縮、次の一歩という機運が全く失われてしまった。それが、なぜ「高く評価する」となるのか、全く理解できません。

今回のNPRは、核搭載海上発射型巡航ミサイルの可能性を追求するとしていますが、そういう技術ができると、これは新STARTが軍縮の対象とする「戦略核」ではありませんので、INF(中距離核戦力)全廃条約との関係がどうなるのか。あるいは、INFにも入らない、より射程の短い「戦術核」ということであれば、核の数の規制がありませんので、米露の間で戦術核をめぐって軍拡競争が始まりかねません。そういったことについて、なぜ「高く評価する」となるのか。

核兵器の発射のボタンを、多くの人が持つというのは、偶発的な事故にもなりかねないということで、水上艦に搭載した核は撤去し、潜水艦と爆撃機に限定するというのが、従来の米国の核政策だったと理解しています。再び水上艦に核を搭載するとなると、それだけ誤って使用されるなどのリスクが高まるわけで、 私は、なぜ、それが「高く評価する」となるのか、全く理解できません。

「北朝鮮の情勢があるから」ということも強調されています。今回、場合によっては核を先に使うこともあり得るということをより明確にしたわけですが、ということは、私は、核の使用の敷居を下げてしまったと思います。北朝鮮からすれば、先に核を使われるということであれば、自分がより先に使わなければならないということになってしまうのではないでしょうか。それを、なぜ「高く評価する」となるのか、全く意味不明です。

本会議の代表質問でも強調しましたが、広島でオバマ大統領と並んで、「日本と米国が、力を合わせて、世界の人々に『希望を生み出す灯』となる」と謳った安倍さんと、核の役割を増強するとしているトランプ大統領を支持する安倍さんと、一体どちらが本当の安倍さんかと聞いてみたいと思います。結局、安倍政権には、核について確固たる政策がないということでしょうか。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP