ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 福島の除染─町中の小学校裏の里山もこれから、原状回復には程遠く

トピックス

福島の除染─町中の小学校裏の里山もこれから、原状回復には程遠く

週末を利用して、福島に行ってきました。具体的には、会津若松市と二本松市、郡山市です。

二本松市では、小学校に埋められた汚染土を、もう一度掘り起こして、中間貯蔵地に移動させる作業を行っている現場を視察しました。

震災直後に南相馬市を訪れた際、校庭、つまり学校の敷地内に汚染土を埋める現場を見て、一体いつまで、それが継続されるのかと懸念したことを思い出しました。

6年の時を経て、ようやく安全な場所に汚染土を移動させることができたこと、そういった現場に立ち会えたことは、非常に感慨深いものがありました。

各地区で、市民の皆さん、市議、県議の皆さんとも意見交換をさせていただきました。被災3県の中でも、福島の復興が一番厳しい状況にあるのですが、例えば、以前にも申し上げた、森林の除染の問題。人が住んでいるところから20メートルまでは除染することが基本ですが、二本松市内でも、小学校のすぐ裏に里山があり、そこは除染されていないということを聞いて、まだまだ原状回復には程遠い気がしました。

もちろん、すべての森林の除染となれば、巨額のお金が必要となり、どこかで線引きはしないといけませんが、過去には子どもたちが遊んでいたような、町の中にある里山が除染されないまま、いつまでも残るということは許されることではないと思います。

現場に行くことで、改めて認識を深めることができることがあります。これからも被災地を訪れ、人々と意見交換することの必要性を改めて感じました。

DSC03354



コメント
  1. 楠本雄二 より:

    頑張って下さい。

  2. ひまわり より:

    現場に行くことの重要性、改めて認識。
    岡田かつや様
    とても嬉しいです。今後も期待しています。

    私たちは、国会議員のお一人お一人に国の在り方を信託しています。
    今、歴史を逆流する動きが強まっているなかで、
    民進党さんに、平和を守る旗印をさらに高めて牽引してください。
    野党共闘で今の政権を少数に追い込まなければ、子どもたちの未来が危ういです。
    心配です。

  3. たかぎ より:

    岡田さん、こんばんは。
    私は、名古屋で学生をしている高木と申します。初めまして。

    一昨日、ある方に出会いました。
    目の不自由な 一郎さんという方です。名古屋駅で困っていらっしゃったので、小一時間ほどご一緒させていただきました。
    その間様々なお話をしたのですが、その中で岡田さんのことを伺いました。一郎さん、岡田さんのことを大変賞賛していらっしゃいました。
    それから2日経ちましたが、一郎さんが私にプレゼントくださいました岡田さんの名刺が目に入り、それがきっかけとなり、こうしてブログを拝見させていただいております。
    あいにく、私は政治については疎いのですが、岡田さんの活動んついては感銘をうけました。今後とも私たち国民のことをよろしくお願い致します。

  4. パブリ より:

    まだまだ先の見えない状況ですが、福島の為に頑張ってください、自民党政権では原発再稼働がどんどん行われる事を危惧しています、原発ゼロを推し進めて頂きたい、今の北は何をするか分かりません、稼働中の原発にミサイル無きにしも非ず、全面停止をお願いしたいです。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP