ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 国民会議メンバー決定―3党で協議しながら前に進めていく

トピックス

2012.11.28|TALK-ABOUT [ブログ]

国民会議メンバー決定―3党で協議しながら前に進めていく

懸案だった「社会保障制度改革国民会議」のメンバー(有識者委員)が決まりました。昨日(27日)、会見で私から発表しました。

まだ会長は正式に決まっていません。新聞では慶應義塾大学の清家篤先生(塾長)という名前が出ていますが、これは委員の互選で決めることになっていますので、正確にはまだ決まっていない状態です。

いずれにしても、今月中に第1回を開くということで、具体的な日にちは3党(民主・自民・公明)で協議して決めることになっていますので、現時点で私の口から言わないほうがいいと思いますが、第1回を開いてしっかりとした議論を始めたいと思います。
できれば、選挙期間中にも第2回目を開いて、少しでも前に進めておきたいと思います。最終的には、来年の8月21日までに、年金、医療・介護、子ども・子育てのしっかりとした具体策を議論して、決めていかなくてはなりません。

かなり忙しくなりますので、選挙をやっている、やっていないにかかわらず、しっかり前に進めていくべきだと考えています。

この問題は、民主、自民、公明、3党で段取りを描いて進めてきていますので、選挙の結果がどうであろうと、この国民会議の運営や社会保障制度の改革についての議論は、3党でよく協議をしながら進めていくことが非常に重要だと思っています。

これから政権をどちらが担うにしろ、社会保障制度、年金、医療・介護、子ども・子育て支援策が選挙のたびに変わるということでは困りますので、ここは、選挙では敵味方あるいは与野党ということですが、しっかりと協力・協議しながら進めていきたいと思っています。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP