ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 瓦礫の中の日記帳-いわきで見つけた思い出が詰まった一冊

トピックス

2011.04.05|TALK-ABOUT [ブログ]

瓦礫の中の日記帳-いわきで見つけた思い出が詰まった一冊

6a012875742179970c014e8740aafb97_2


今日は、福島県のいわき市の話をしたいと思います。

いわき市は、北部の一部が(福島第一原子力発電所から半径)30キロ圏内に入り、一時は、例えば車が入らず、したがって食料やガソリンが来ないことで、大変厳しい状況に直面しました。

しかし、いまではそういう状態は改善して、町には活気が戻りつつあるという状態です。

あまりにも風評が強く流れて、ごく一部が30キロ圏内に入るというだけで、いわき市で生活することが出来なくなりかねないということでしたが、渡辺敬夫市長をはじめ、関係者のご努力で、町は落ち着きを取り戻しつつあります。

ただ、津波の被害も当然受けています。その被害を受けた地域に行ってきました。200軒くらいの部落だったそうですが、いまは、瓦礫(がれき)の山で何も残っていない状況です。除去作業はこれから始まるということです。

結局、先日行った青森県の三沢市や八戸市もそうですが、津波は、非常に幅広い範囲で大変大きな影響を与えていることを改めて実感しました。

そして、その瓦礫の中で、私は、たまたま小学校低学年の女の子の日記帳を見つけました。だいぶ汚れていましたが、日記帳をめくると、その子どもが書いたと思われる絵や最後には家族の写真など、いろいろな物が一冊に閉じてありました。

名前も書いてあり特定できる状況でしたので、是非ご本人を探し出してお渡しくださいと私は市長さんにお願いしました。

こういう思い出の品が、まだまだ瓦礫の中には数多く埋まっています。もちろん、家族の財産などもあります。その一方で、瓦礫の撤去はしなければなりません。瓦礫の撤去1つとっても、非常に難しい問題がそこにあるということを、改めて感じました。

すべて流されたなかで、そういった個人の思いが詰まった物は、たった1つの宝物になるかもしれません。そういったものについては大事にしながら、しかし、瓦礫の撤去を進めていかないと復興は出来ないので、そういったことについて、現場現場でご判断いただきながらやっていくしかありません。大変難しいところがあるなと改めて感じたところです。

いずれにしても、かわいい日記帳がご本人の手に届くことを願わずにはいられません。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP