ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 鉢呂国対委員長の交代-信頼する同期の友、交代は大変残念

トピックス

2011.01.15|TALK-ABOUT [ブログ]

鉢呂国対委員長の交代-信頼する同期の友、交代は大変残念


いま、新しい閣僚が決まり、これから、党務関係も含めたそれ以外の人事を行っていかなければならない段階です。

私は、今回の人事は非常に良い人事だと思いますが、1つ残念だったのは、私の長年の友人であり、ともに民主党でやってきた鉢呂吉雄国対(国会対策)委員長が交代になったことです。

いろいろなことが言われますが、私は、鉢呂委員長は本当によくやってくれたと思っています。

一昔前と違って、国対の難しさというものは、一段と高まっています。

そもそも、民主党で2期続けて国対委員長をやる人は稀(まれ)で、民主党において最も難しいポストが国対委員長だと言われてきました。それに加えて、民主党が与党になり自民党が野党になって、より国対委員長の仕事が難しくなってきています。

民主党の中での意見集約の難しさもないわけではありません。衆参の連携も課題です。しかし、それ以上に、やはり、野党になった自民党や公明党との交渉が非常に難しくなってきています。

かつてのように、党内が必ずしも一方に固まっているわけではなくて、例えば、予算委員会の運営に関しても、予算委員会の責任者や国対委員長、あるいは幹事長の間でも、意見が違うことがしょっちゅう起こりました。

そして、衆参の自民党でも必ずしもそれが1つではないなかで、鉢呂委員長は大変ご苦労されて、頑張ってこられたと思います。今回、国対委員長が代わることは、大変残念だと思っています。

いずれにしても、鉢呂委員長と私はお互い非常に信頼関係があり、ともに平成2年初当選で――もちろん、スタートは私が自民党、鉢呂委員長が社会党でしたが――長年一緒にやってきました。私が党代表だったときも、鉢呂委員長は幹事長代理として、藤井裕久幹事長のもとで私を支えていただいたりと、長年の友人です。

これからも、民主党のためにしっかりと頑張ってもらいたいと思います。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP