ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 地元の四日市と桑名の市長選挙

トピックス

2008.12.01|TALK-ABOUT [ブログ]

地元の四日市と桑名の市長選挙


今日は地元の市長選挙の話をしたいと思います。11月30日投票で、私の選挙区である桑名と四日市の市長選挙が行なわれました。

桑名市のほうは、現職の水谷元さんが当選されました。現職の水谷さんに対して、市議会議員3名が挑戦するという異例の展開になり、最も若い伊藤さんが1万7000票強獲得して、2万3000票の水谷さんに迫りましたが、力及びませんでした。


私は、水谷さんは非常に実績を上げてこられたと評価をしています。ただ、合併前の桑名市長として3期、そして今回、合併後の桑名市長として2期目ですから、そういう意味で多選批判というのは当然あったと思います。5選ということで、3選以上は推薦しないというルールを民主党は持っていますので、今回推薦はしていません。

ただ、いままで着実に市長として 実績をあげてこられたというところは私も評価をしています。

これから市立病院の再構築の問題、あるいは財政の立て直しの話など、様々な課題が桑名市にはあります。総仕上げの4年間のつもりで、水谷さんには頑張っていただきたいと思っています。

そして、四日市市の市長選挙は1年半前まで県議を務められた田中俊行さんと、最近まで県議として活躍された岩名秀樹さんがぶつかりあって、田中さんが票としては倍近く取って勝たれたということです。

私は、田中さんはもちろん市議会議員、県議会議員として、特に民主党系の県議会委員としてご活躍いただき、年齢的にも私と2つしか離れていません。大変優秀な、そして信念のある方で、評価して参りました。田中さんが勝ったことは、推薦した民主党としては非常に嬉しいことです。

そして、岩名さんもマニフェストを出され、田中さんのマニフェストと、岩名さんのマニフェストで、いい選挙ができたと思います。ただ、その割には投票率が、桑名と比べても非常に低く、42%だったというのは非常に残念です。もう一歩、マニフェスト選挙というものが浸透しなかったのかなという感じはします。

3期やった現職が退いて新しい市長を選ぶ選挙ですから、本当は60%以上の投票率がなければならないと思いますが、この点だけは非常に気がかりです。

岩名さんも県議会議長も何度か務められ、県政改革に腕をふるってこられた方で、もう少し票が伸びるかなと思ったのですが、年齢的な問題とか、いろんな理由があるのかもしれません、思ったより票が伸びなかったなという感じがします。

これからは、田中さんが中心になって四日市をリードしていただきたい。 そして田中さんを推した方も、岩名さんを推した方も、その四日市の発展のために、新市長をサポートしていただきたい。そのことを心から期待しておきたいと思います。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP