ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 河井夫妻の買収容疑―事件の背景に何があるのか

トピックス

河井夫妻の買収容疑―事件の背景に何があるのか

 河井克行、案里夫妻の公職選挙法違反事件の裁判が始まりました。克行被告は現金提供を大筋で認めており、問題はそれが買収だったのか、合法的な資金提供だったのかです。
 統一地方選挙の時期とも一部重なっていることから参議院選挙向けの買収ではなく地方選候補者への正当な陣中見舞いや当選祝いであるとの主張がなされていると報道されています。正当な資金提供であれば政治資金収支報告に記載することが必要で、その記載とともに領収書がなければなりません。資金提供の大きさや対象が議員以外にも拡大していることも考えると河井夫妻の説明には無理があると思います。

 今回の事件に関連して、私が不思議に思うことがあります。参議院選挙資金として1.5億円の供出が自民党本部から河井氏の政党支部になされたということですが、事実だとすれば自民党の選挙資金の配り方としては異例ではないかと思います。特例的に重点候補に手当てするときは、党本部から幹事長に拠出された資金を活用し、詳細はブラックボックス化することが通例ではないかと思っています。昨年度の収支報告がまだ公表されていないことから詳細は不明ですが、ほかの重点候補も同様に収支報告書に金額とともに明記されているのでしょうか。仮に河井夫妻だけだとすると「なぜ」という疑問がわいてきます。
 
 あまりにも多くの人々が安易に資金を受け取ったことも驚きです。広島の選挙土壌が格別に腐敗しているという話も聞きません。多数のベテラン政治家たちが不透明であぶないお金を受け取った背景に何があったのでしょうか。総理側近の河井氏だから大丈夫とでも思ったのでしょうか。証人尋問でどのような説明がなされるか注意深く聞いてみたいと思います。
 受け取った側は誰一人起訴されていないことも不自然です。起訴を免れるために被告に不利な証言をした可能性もないとは言えず、手続きが正当であったのかどうか、今後裁判の主要な争点の一つとなると思われます。

 今回は不正なものも含めて巨額の資金が選挙結果を左右しました。与野党対決型となった選挙区で、同様なことがなされればカネの力で、民意がねじ曲げられることになります。IR汚職問題も裁判手続きに入りました。政治とカネの問題は古くて新しい問題ですが、河井氏と秋元氏、続けざまに自民党の比較的若い議員が被告となっていることは気になります。国民の政治不信がますます高まることを心配します。



コメント
  1. 地方の将来心配 より:

    お金を受け取る人がいるから、お金を配る人もいなくならないと思います。受領した議員、政治家も裁かれるべきです。通常の10倍の1億5000万という自民党本部からの資金。お金をバラまいて来なさいと、党本部の幹部が言ってるようにしか見えません。配ったお金も元々は税金ですよね。政治不信になりますし、不潔感がすごいです。

  2. 十三紅葉山 より:

    ”多数のベテラン政治家たちが不透明であぶないお金を受け取った背景”
    首相の「お友達」だから受け取っておかないとあとで意地悪されると思ったのでは? と考えるのは穿ち過ぎでしょうか。国民は今や政治不信どころか政治有害感すら持っているかもしれません。日本国民は、幸いというか残念ながらというかフランスのように市民革命を起こすことは無いでしょうから、疫病蔓延中の現在の社会状況のなかで正直でしっかりした指導者がいないと日本の近未来は危ういでしょう。はっきり言って枝野氏では不安があります。原理原則を重視する岡田氏のような人物に首相になってもらわなくてはなりません。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP