ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 安倍総理の「桜を見る会」問題─情けないの一言

トピックス

安倍総理の「桜を見る会」問題─情けないの一言

内閣総理大臣主催の「桜を見る会」に、安倍さんの地元後援会の人々が、数百人規模で招待され参加していたことが明らかになりました。

安倍総理は、「招待者は各省庁からの意見を踏まえ、内閣官房・内閣府で最終的に取りまとめるので、私は関与していない」と国会で答弁しました。しかし、地元の安倍晋三事務所が、東京のホテルで行う前夜祭などとセットでツアー募集を行っていたことなど、「私は関与していない」としても、「私の事務所が関与していない」とは言えないことが明らかになりつつあります。

「桜を見る会」は、予算上は年間1,767万円で計上され、約1万人の参加が予定されていますが、ここ数年、安倍総理の元で、招待者の数は増え続け、現在では2万人近く、実際に使った費用も5,519万円となっています。

菅官房長官は、慌てて招待基準の見直しを打ち出しましたが、問題の本質は基準のあいまいさにあるのではありません。内閣総理大臣が、基準のあいまいさにつけ込んで、自らの政治活動に多額の税金を使ったことにあります。無駄使いをやめ、国民の支払った税金を公正に使う最高責任者が、常識外れの税金流用を自分のために行っていることに、驚いた方は多いと思います。

リーダーがこのようなことを平気で行っているということであれば、政府全体の税金の無駄使いは増えるばかりです。地元も含めて心配する人は多かったはずですが、いさめる人が周りにいなかったのでしょうか。

長期政権のおごりなのか、それとも、そもそもこの程度の認識の人物なのか。いずれにせよ、森友学園、加計学園問題に相通ずるものがあると感じます。果たして、安倍さんが日本のトップリーダーの器なのかが問われています。まずは国会におけるきちんとした説明が求められます。



コメント
  1. 岡田貢一 より:

    長期政権のおごりなのかもしれませんが、それを許しているのは野党があまりにも期待できないからです。
    選挙で投票する政党がなく困っています。今の状況を変えてくれるよう期待しています。
    野党再編頑張ってください。

  2. 岡田総理誕生を願う人 より:

    岡田さんに総理になってもらいたいです

  3. 楠本雄二 より:

    さくらを見る会については岡田さんの言われる通りです。国会において説明すべきです。

  4. 長さん より:

    自民党議員は、安倍のポチで且つ国民の方を見ていない輩ばかりです。集中審議も、ホテルの担当者の参考人招致も、絶対に行いません。安倍が政権を維持していけるのは、それぞれの選挙区で選挙民が自民党の候補者に投票するからですが、この流れを絶つ方策がわかりません。自民党の候補者に投票するのは、投票者本人にも、何らかの見返りやメリットがあるからでしょう。持ちつ持たれつ、ギブアンドテイクです。

  5. tosiful より:

    安倍総理は、信用できないのひとことですね。今までで最悪の総理だと思います。平気で嘘をつきます。裏で金が動いているのでしょうね。野党の結束でなんとかなりませんか?

  6. 水谷 智 より:

    岡田先生の言われる通り、安倍さんが首相としてふさわしいかが問われていると思います。また、その前に政治家としてふさわしいかが問われるいると思います。野党にとって良い風が吹いてきました。
    期待しています。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP