ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 参議院自民党の横暴―次の選挙で結果を出す

トピックス

参議院自民党の横暴―次の選挙で結果を出す

参議院議員選挙制度に関する公職選挙法改正案が、衆議院倫理選挙特別委員会で、野党が反対するなか、採決されました。

とんでもない話です。前回の参議院選挙前の公選法改正で、定数の10増10減を行いつつ、「選挙制度の抜本的見直しについて引き続き検討を行い、必ず結論を得る」としたにもかかわらず、今回、定数を6増やすことが抜本改革だと自民党は主張しているのです。

特別委員会の審議で、「なぜこれが抜本改革なのか」という私の質問に対し、参議院自民党の法案提出者は答えることができませんでした。自民党は、「1票の格差問題」について、憲法改正で対応すると主張しつつ何も進展せず、参議院選挙まであと1年というときになって、いきなり出してきたのが6増案です。きちんと説明することができないため、参議院において6時間15分、衆議院に至っては、わずか3時間の審議で採決を強行しました。

前回決まった合区(鳥取と島根、高知と徳島)の不満に対処するため、新たに「特定枠」を設け、そのために比例区を4議席増やすなど、全く自民党内の都合のみを考えた改悪です。国民の代表を選ぶ選挙制度について、ここまで自分たちの都合を優先したかと、あきれるばかりです。

まさしく、自民党の自民党による自民党のための改悪です。

多数があれば何をやってもよいという、自民党の横暴に対し歯止めをかけるためには、次の参議院選挙で結果を出すしかないと、改めて思っています。



コメント
  1. 高橋 正樹 より:

    多数決で決定。江戸のかたきは長崎ではありませんが、選挙に勝つこと。これが重要。
    それから、政策の話しあう土俵が出来てくる。

  2. オリ-ブ より:

    日頃のご健闘に感謝しています。自民党はメチャクチャにおかしくなっていると思います。国民の怒りのマグマもたまっています。これがいかに選挙に結びつけられるかだとおもいます。頑張って下さい。

  3. 骸骨親父 より:

    自分たちの為なら恥も外聞もないということでしょ。醜い。

  4. 岡田さん頑張って より:

    自民党には衆参の過半数を与え、民主党には衆議院、参議院の片方しか過半数を与えない。これが小選挙区制での国民の総意なのでしょう。
    2大政党を構築できなかった民主党のせいではないでしょうか?

  5. 旧姓カトチャン より:

    その通りです。第二次安部政権になって、高級官僚の人事権を内閣が掌握し、悪法を次々と強行採決によって決めています。特定秘密保護法(自民党に都合の悪いことは隠し、他党や気にくわない人に都合の悪い情報だけをばらす),集団的自衛権等を行使出来るようにした憲法9条の解釈改憲他いわゆる戦争法、高度プロフェッショナル制度を作り、労働基準法を改悪、ギャンブルを公に認める法律をもうすぐ作ります。とにかく多くの国民にとって日常の生活に悪い法律を作り、国民を従属させようとしています。その裏で自分は森友学園や加計学園獣医学部設置など自分と同じようなことを考えている人に便宜を与えて(森友夫婦は後で安部に都合の悪い証言をすることがわかり、縁を切り、国をだましたとして刑事罰を与えることにした。)マスコミや野党に詰問されても、平然をしています。自民党の衆参国会議員の公認権を一手に握って反旗を翻させないように縛っているのです。飛んでも無い独裁政治です。このままではただでさえ、日本は人口減、労働者減が何十年も続き、国力が衰えてしまうことが明白なのに、それに対して何の手当をする事も無く、圧政を続けさせるのは、飛んでも無く、良くないことです。これを憂える良識ある国民が立ち上がり、何とか選挙で安部暴政を止めるしかありません。岡田さんや自民党、公明党に反対する全野党が結集して、次期選挙で勝利の目を見つけることが大事だと思います。ガンバレ、岡田さん、自公に反対する全野党!!

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP