ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 民進党離党─言葉にできない無念さ、しかし野党を大きな塊にするには無所属しかない

トピックス

民進党離党─言葉にできない無念さ、しかし野党を大きな塊にするには無所属しかない

先ほど民進党本部を訪れ、大塚代表に離党届を提出しました。

1998年の民主党結党に参加して以来、3回の幹事長、2回の代表を務めるなど、民主党を自民党に負けない政権政党にするために、20年間、懸命に努力してきました。

2016年には、維新の党と合併して、民主党から民進党になり、初代代表を務めました。政権交代可能な政治の実現するために、私の政治的なすべてのエネルギーを投じてきただけに、その民進党に離党届を出すということは、言葉では表現できない無念さ、残念さがあります。

しかし、政権交代可能な政治を実現するために、野党が結集して、大きな塊にならなければならないという、20年前の私の思いは、全く変わっていません。あえて無所属という厳しい道を選んで、立憲民主党と国民民主党の仲立ちとなり大きな塊を目指す、その役割を果たせるのは、我々しかないという思いです。

大塚代表とは、違う道を歩むことになるが、これからも協力して、国会対応や選挙での候補者の擁立など一緒にやっていこう、そして、やがては大きな塊を実現しようということを確認しました。お互い信頼関係に基づいて、しっかり協力していきたいと思っています。もちろん立憲民主党に対しても同様です。

国民の皆さん、とりわけ、私を30年近く支えていただいた地元の皆さんに対して、大変申し訳ないという思いとともに、以上申し上げた私の決断について、是非ご理解いただきたいと思います。



コメント
  1. こばやし より:

    頑張ってください。
    兎に角、ウソと隠ぺいで不正をする安倍自民党に国を任せる訳にいかない。
    その為には、国民をいかに教育するかですね。
    特にアラウンド30の若者。

  2. こばやし より:

    追伸:
    足の引っ張り合いをやる輩がだけは
    集めたらだめだ。それだけは二度と同じ轍を踏まない事だ。
    小沢さん位の強力なリーダシップが必要。頑張って。

  3. tonkinwanjiken より:

    30年のうちの20年。そしてこうしてブログを拝読すれば「なんとなんと、ご苦労様でございます。これからもひとつの塊を求めてのご活躍、どうぞよろしくお願い申し上げます。」
    私は判官贔屓ゆえ、弱小野党に肩入れして政治を変えようと思っておりますが、今度も合併したら国民民主党への移行は6割。小さくなるばかりでは困りもので、頭が痛い。
    どうぞお力添えを頂き、大きな野党づくりをめざしてくださいまして。

  4. 林 直哉 より:

    頑張ってもう一度政権を取ってほしい。

  5. 永井洋一 より:

    日本には岡田さんと枝野さんがますます必要だと思っています。ご苦労ですが、恐縮ですが、これから、もっと頑張ってください。応援しています。

  6. 東海地区市民 より:

    岡田さん、この度のご決断辛いものだったと存じますが、固く深い岡田さんの思いに心から賛同と感謝をお伝えしたくコメント致しました。
    岡田さんが結党以来ぶれることなく自民党に負けない政権政党づくりを目指して来られたんだとあらためてわかりました。
    日本会議など宗教まがいの偏狭な自民党から日本を守って下さい。
    立憲民主党を支持していますが、野党合同ヒアリングや、野党共闘を全力で支持します。
    岡田さんを信じて、これからも応援致します。
    岡田さんがご自分の意思をはっきり表明されたこと本当にうれしかったのです。

  7. 切替博嗣 より:

    頑張って下さい。

  8. ハルオ より:

    「政権交代」この国を変える 、講談社
    を読ませて頂いた時から信頼し応援しています。
    アジア諸国との関係やエネルギー政策、人口減少に対応した政策。
    これらが合意できれば野党共闘と連立政権は絶対に出来ます。

    やり遂げて下さい。
    応援しています。

  9. 藍宇江雄 より:

    野党の議員はわがまま、与党、自民の連中は大同小異、与党でなければ議員で無いと思って、少々の意見、相違は当たり前、どっちが得か、損得勘定を常に計算してる、ところが野党の議員は少し意見が違うと仲間で無い、敵と判断してる。大同小異を全く理解して無い、数の優位を理解して無い、でも政権交代を思ってる、菜っ葉の肥やし、ごちゃごちゃ言わないで数を増やさなければ勝てない、自公の数を食いつぶすことが数を増やせる。なんで民主党がバラバラに離散、自公に対抗するには野党団結し、挙党一致、大同小異、選挙協力しなければ勝てない。東北は野党が一人区で勝利してるので、官軍になるのが当たり前と思う戦いをすること。そして共産党はいやだとか言わないで選挙協力すること、これが大同小異、小選挙で勝つのが政権を奪うことに繋がる。

  10. リョウテン より:

    今 目の前にある諸々の問題を どの様に解決するか? これも大切な事です
    あなた方は そういった身近の問題を 如何に解決するか 日々努力されていると思います 本当にご苦労様です。
    しかし、それよりもっと大切な事が有ります 
    それは 私たち国民に「将来の夢」を与えて欲しい と 云うことです。
    老若男女を問わず ”やれば出来る” と 云う夢を 政策を 世の中を 叶えてくれる ”夢” を提案してください
    目の前の敵を倒す事ばかりでは いずれ間その先の敵に振り回されてしまいます 敵を倒すより 手なずけて味方に
    誘い込む事だって出来るじゃあ有りませんか・・・・・・・

  11. 座布団 より:

    お疲れ様でした。
    私は立憲民主党を支持してますが、岡田さんや無所属議員の皆様の決断も理解できます。出来れば今後も、枝野氏に力を貸してくださるよう願っています。

  12. Carlo Iustizia より:

    立民.今回の新党の活動が安定するまで今少し時間が必要と思いますが現在日々露呈されてくる自由民主党閣僚の(ドイツ語いうと)Politische Unfaehigkeitに愕然とさせられます。祖父や父親が大臣だった程度が根拠で国会議員になる
    世襲議員尾の社会.正義という概念の無さにも驚きます.。典型例がミゾ―ユーの愚論を口にする現財務大臣.セクシュアル
    ハラスメントなどという犯罪あるかの発言が好例です。これで一応非政権党の塊が見えてきたのですから自民党が
    嫌う法理念に基づく社会正義(経済/社会問題(働き方法案とやらに見えてくるなんだか人身売買会社に奉仕する法律?)
    等(日本には自動車は走ってるが社会の中身は江戸時代が多すぎますから)を実現する政治へと力を注いでいただきたい。安倍内閣では国際社会での日本の地位はさがあるばかりです。ことほど左様に言動が愚かすぎます。

  13. 若杉 秀純 より:

    日本国民の為、阿部ー菅ラインで劣化しきっている政治を正しい道に導いてください。
    選挙の時では、多くの国民が自民党に流れている現状をどうしたら打破できるのか。
    選挙に強い政治団体を作り上げて下さい。岡田さんを未来永劫に応援します。

  14. 大福 より:

    立憲民主党でも国民民主党でも良いが、野党が大同団結するべきである。可能なら共産党も一緒になって国民民主党に統合し、その中で会派として元の党名を残せば、一緒に自民党を倒す力に結集できると思う。多少の主義主張の違いはあったとしても自民党よりはよずっと増しだと割り切って、まず全野党がスクラム組むべきだ。共産党が反対するようなら、相変わらず共産党が自民党を助けてしまうのだと思う。

  15. 怒り心頭 より:

    野党の票が分散することによって、小選挙区のもとでは第1党の安倍自民党が多くの議席を盗っています。
    国民の多数の声に逆らい。原発を推進し、アメリカの戦争に加担する集団自衛権なるものを通しています。日本はアメリカの属国と思えるほどです。仲間内にだけ甘い汁を吸わせ、真実を隠し、嘘を平気で言うような安倍政治を一刻も早く終わらせるため、野党は団結が必要です。希望の党は分断の役割しか果たしませんでした。保守であろうが共産主義であろうがここは手をつなぎ選挙区に自民党対反安倍陣営の2極での選挙が出来ることを望みます。そのために岡田かつや様が尽力されることを願います。

  16. しずじいさん より:

    素晴らしいです
    よくぞ決断されました
    その心中をお察しします

    これからは結節の要としてご活躍されますことを切望しております

  17. M.Y より:

    岡田さんの心中察するに余りあります。
    今後も,非自民政権の樹立に向けた岡田さんの御活躍を,心よりお祈り申し上げております。

  18. 旧姓かとちゃん より:

    民主党、民進党を作ってきた一人である岡田さんの立場、気持ちからすれば、今回、無所属という立ち位置で居て、また立憲民主党、国民民主党との合同機運が出来るように務めるという考えは理解出来ます。一刻も早く、自民党、安部政権を倒して、そのような状況に至ることを望んでいます。

  19. ななけい より:

    私は民主党政権時に岡田さんが総理になることを祈った一人でした。タイミングはありましたが、貴方のような、ある意味武骨な堅物が総理として、どのように柔軟な姿勢が出来るかを注目してました。
    管理職、サラリーマンには貴方の支持者は多いと思います。

    これからも岡田さんが目指す方向を理解し応援したいと思います。

    無所属の会 、いずれは新たな形の塊として動くこと願ってます

  20. 小島真人 より:

    自民党を倒すのであれば少子化対策を追求すればよいのではないでしょうか。
    少子化問題は国家の根幹をも揺るがす問題であるにも関わらず、与野党ともに対策を打ち出せずにいます。
    私は実効性ある少子化対策をつくりましたので、よろしければご利用ください。
    素人のつくった政策なんて・・・と思われるのでしたら結構ですが。

  21. てるさん より:

    先に岡田議員の(私の決意)を読み理解出来ました。心から応援します。長年にわたり活躍し、その経験、知見、誠実さ、から、こういう政治家に日本のトップになって欲しいなと思ってきました。
    私は民主党政権時代の方が誠実な政治で今の政権よりよっぽど良かったと思っています。
    下野してからの党運営では大変苦労をされたと述懐されていましたが、考えの違う極く少数の人達とは別れたでしょうから、スッキリした面もあるのではないでしょうか。
    私は立民を中心に野党6党を応援しています。立民と今度の新党の政策面の違いは、よく分かりませんが、大同小異だと想像しています。大事な所では是非6党が協力し政権交代を目指して下さい。

  22. 西島 より:

    民主党の困難な時期には、いつも岡田さんが代表や幹事長をやって乗り切ってきました。ボクの眼の黒いうちに(85歳)、是非とも岡田政権を実現して下さい。

  23. アマーティア より:

    今回の決断を支持します。

    国民民主党の穏健保守からリベラルまで包摂する中道政党という理念自体は理解できますが、結党に至る経緯や参加メンバーの顔触れを見ると、やはり期待できないのです。

    象徴的なのが安保法制に対する態度です。数合わせを優先した結果、大事な政策の部分での曖昧さやバラバラ感が残っており、民主党・民進党の体質がそのまま引き継がれてしまっているように感じます。これでは今までと同じ失敗を繰り返すだけです。

    再び政権交代を実現するには、やはり理念・政策を軸に党やメンバーを整理し直すことが必要です。連合の意向や選挙目当ての内向きの論理で政党を作るのではなく、国民の方を向いてその声に応えられるような政党が必要なのです。

    国民民主党の大塚共同代表は立憲民主党が万年野党であるかのような発言をされたそうですが、論外です。今必要なのは、立憲民主党を中心にして、自公に代わる政権の選択肢を示すことです。枝野さんを首相候補に据えて、どのような政策を実現するのか、具体的に示して下さい。その結果、それに賛同する方が結集して中道の政党を作ればよいのではないでしょうか。

    民主党政権が誕生した時も、民主党のマニフェストに国民が期待したから支持を集めたのです。マニフェストを作るに当たって見通しが甘かったことは問題ですが、方向性としては至極まっとうなものであったし、何よりも理念をしっかり示したことが重要だったと思います。そして今は安部政権によって憲法や国民の知る権利が蔑ろにされている状況ですので、どのようにまっとうな政治、透明性の高い行政を取り戻していくのかという具体案を示すことが何より重要です。岡田さんが枝野さんなどと話し合って、その具体案を作り、それに共感する勢力を緩やかに結びつけるような役割を果たしてはいかがでしょうか。数合わせは置いておいて、まずは政策づくりからです。どうかよろしくお願いします。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP