ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 財務次官セクハラ問題─こんな人物が財務省トップだったことに驚き

トピックス

財務次官セクハラ問題─こんな人物が財務省トップだったことに驚き

財務省の福田事務次官が、セクハラを否定しつつ辞任しました。他方で、テレビ朝日がセクハラは事実と発表しました。

新潮社によって公開された音声データは、女性の声の部分は文字しかありませんでした。本人の特定を避けるための措置だったと思いますが、果たして、女性の声と文字が一致しているのかどうか、確認できない状況であったことも事実です。

しかし、テレビ朝日は、音声データで事実関係が確認できたとしています。このことによって、ほぼ間違いなく、週刊誌報道は事実であったと断定できる状況です。

財務省が、弁護士事務所に委託して行っている調査を続行し、財務省として事実関係を最終的に確定し、速やかに公表すべきことは当然です。事務方トップが現職であるときに行ったセクハラ発言です。辞任したから調査できないというのはあり得ません。調査を中断すれば、組織ぐるみで隠ぺいしていると言われても仕方ないでしょう。そして、この間の対応について、麻生財務大臣の責任は免れないと思います。

それにしても、福田氏のとんでもないセクハラ発言に加えて、その後の発言、振る舞い、支離滅裂ぶり、このような人物が財務省の事務方トップだったことに驚かざるを得ません。財務省は、今こそ信頼回復に全省挙げなければなりません。

当然のことながら、テレビ朝日についても、女性記者のセクハラ被害を知りながら対応が遅れたことには、深い反省が必要です。メディアであるだけに、その責任はより大きいことを自覚すべきです。



コメント
  1. 椎名 より:

    >しかし、テレビ朝日は、音声データで事実関係が確認できたとしています。このことによって、ほぼ間違いなく、週刊誌報道は事実であったと断定できる状況です。

    事実であるならば弁護士側にも事実であると証明しなければならないのではないでしょうか?
    財務省が調査するにしても、事実関係を確認できるような情報を出さないと調査のしようがないかと思われます。
    そのことについてはどうお考えですか?

  2. 怒っている より:

    野党が国会の委員会をボイコットして財務省との会議にのみ出席するのはいかがなものか?もっと政策でやっていただきたい。

  3. kusabi より:

    麻生財務大臣のしゃべり方、べらんめい口調と言うのでしょうか品がない、質問する記者を馬鹿にしたような応対、こんな人が財務大臣なんて絶対あってはならない。財務省の中の人もこんな人に仕えるのが嫌になってしまうのではないかと思います。だから気が緩み、自分も駄目になっていってしまう。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP