ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 連日の国会質問─後世に残る議事録、忙しいがしっかり準備して臨む

トピックス

連日の国会質問─後世に残る議事録、忙しいがしっかり準備して臨む

予算が成立して、国会は各委員会で各法案、条約の審議に入っています。私は、外務委員会の他、倫理選挙特別委員会(倫選特)、東日本大震災復興特別委員会(復興特)の計3つの委員会に所属しています。

衆院会派「無所属の会」は、総勢14名ですので、各委員会1名が原則で、結構、質問の機会が回ってきます。私の場合は、外務委員会が毎週水曜と金曜に開催されるので、週2回のペースで質疑をしないといけません。今日などは、外務委員会の30分の質疑の後、倫選特で福島県議選選挙区特例法案の審議があり、ここでも質疑をしました。党代表の時は、予算委員会や党首討論がありましたが、委員会でこれだけ頻繁に質疑するというのは久し振りのことで、準備も含めて結構大変な状況です。

外務委員会では、核の問題や北朝鮮の問題を中心に、かなり詰めた議論を河野大臣との間で行っています。ただ、大臣の答弁は、同じ答弁を何回も繰り返すなど、大臣になる前の河野さんのイメージとは全く違う対応で、非常に残念に思っていますが、質問回数が多いこともあって、かなりしっかりとした、中身の濃い質問ができていると思います。

議論の具体的中身は、私のホームページで「国会会議録」のところに載っていますので、是非ご覧いただきたいと思います。

国会の議事録というのは、後に残るものです。忙しいですが、準備をしつつ、これからもしっかりとした議論を進めていきたいと思います。



コメント
  1. 天野暢保 より:

    さすがに岡田さんと思いました。私は愛知13区ですが山尾しおりさんを支持しています。岡田さんが選挙期間中に応援に来てくださったのも知っています。ありがとうございました。民進党の大塚君は立憲民主があれだけ指示されたのを無視していてよくないと思います。立憲民主が得た民意の支持は尊重すべきだと思うがいかがですか。
    外務委員会でのご活躍をこれから読ませていただこうと思います。
    どうぞ、頑張ってください。

  2. 島津眞 より:

    少数でも厳しく政府の反市民的な考えをただしていただきたい、しかし数が足らず結果が出にくい状況を早く治すためには選挙に勝たねばなりません、支持率の高い、立ち位置のはっきりしている立憲民主と話し合い、野党の塊を大きくしてください、論客の多い無所属の会の動きに期待しています。

  3. 安藤操(小西ひろゆき後援会) より:

    後世に残るご発言を期待しております。野党が結束すれば、自民・安倍政権を倒せると思いますので中心になって頑張ってください。期待しております。それにしても河野外相は総理になりたいのでしょうか。おかしい発言が多すぎますね。

  4. 井上三朗 より:

    韓朝会談や米朝会談前に河野大臣が訪韓するという。また「最大限の圧力を」と言うつもりなのか。せっかくうまく行こうとしてる会談に水を差さないでほしい。そうゆう考えだから、日本は蚊帳の外にされるんだと思う。

  5. しろちゃん より:

    「最大限の圧力を」というだけで解決の為に我が国が何をするか、拉致被害者の本国帰還の為に我が国が何をするかが見えません、他国の大統領にお願いするだけで、拉致問題可決に全力を尽くすと言う発言の虚しさ。
    国内問題の不祥事も、「行政府の長として責任を感ずる」「丁寧に説明する」等々、むなしい言葉のみ。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP