ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 米朝交渉本格化─試される日本の外交力

トピックス

米朝交渉本格化─試される日本の外交力

米朝首脳会談開催が合意されました。世界が驚いています。

これから様々な困難が予想され、簡単には望まれるような合意形成はできないでしょう。しかし、激しい対立の時代から、わずかとはいえ、話し合いで解決の可能性が拓かれたことは評価すべきだと思います。もちろん、検証可能な形での核開発断念というゴールに至るまで、強い圧力を継続することは当然です。

韓国政府の北朝鮮への特使派遣によって、今回の南北合意に至ったわけですが、米国政府と韓国政府はあらかじめ緊密な連携を取っていた可能性が高いと推測しています。残念ながら、日本政府が今回の合意形成に関与していた可能性は低いと思います。

それにしても、北朝鮮は交渉上手です。今回のオリンピック以降の一連の出来事も、計算し尽くされたものであるとの感があります。トランプ大統領の置かれた政治状況や性格などを深く分析したうえで、米朝首脳会談をトランプ大統領が受け入れざるを得ない状況に追い込んだのではないかと想像しています。

重要なのはこれからです。米朝首脳会談に向けて、米韓両国政府は綿密に準備を進めるはずです。その際、日本も重要なプレーヤーとして、その作業に参加しなければなりません。そうしてこそ、日本の国益が確保され、拉致問題解決の道も拓かれるものと考えています。日本外交は正念場を迎えています。



コメント
  1. 島ケン より:

    4月に日米首脳会談が予定されています。その際、安倍総理から是非トランプ大統領に
    伝えていただきたい事項を民主党(案)として国民に分かるように提示して確約をとって
    ください。例えば不可逆的な非核化のステップとその検証方法、拉致被害者の救出時期等。

  2. 木下晴雄 より:

    今まで日本が多国間外交でイニシアブを採ったことがあったのでしょうか。
    日本の外交力の弱さは、多国間交渉の時は常に蚊帳の外だったようなきがします。
    唯、話し合いが煮詰まりお金や経済援助の話になると、各当事者が日本に寄付き負担させられるのが常だったのでは。

    今回も北朝鮮は、日本のお金と経済援助を睨みながらトランプ大統領と交渉するのでしょう。
    情けない話です。

  3. Carlo Iustizia より:

    ト大統領は見事北朝鮮の策略に見事乗せられましたね。北朝鮮は会談が成功すれば自分tたちの勝利と喧伝し失敗しても
    米国を非難すればいいだけですからね。トランプ氏の外交ブレインのレヴェルは知る由もありませんがし失敗した場合
    もう選択肢が消えることになりますよね.優れた外交ブレインをお持ちだったらこう短兵急に会談に合意しなかったのでは。いずれにせよ朝鮮半島問題に日本が関与できる機会は大きくないでしょう。北朝鮮にしてみれば米国のコピーは
    要らない直接交渉するのみでしょうからね。今回安倍首相の慌てぶりも北朝鮮にとっては日本を評価する一つの要素に
    なるでしょうね。韓国の説明をよく吟味してから米国に行くのがいいのか.米朝会談の結果を見て米国の立場をよく検討してもよかったのでは。巷間言われる慌てるXXは貰いが少ないになるだけでなく韓国からも軽んじられるのでは。

  4. 堀江祐治 より:

    その通りですね。しかし日本政府は拉致被害者すべて取り戻すことが絶対必要ですね。圧力緩めることなく、日本の憲法9条は2項を削除して望まねばなりません。

  5. しげじょの より:

     おっしゃる通りだと思う。
    しかし、現政権で可能なのか。又は可能に持っていけるのか。
    政府の見解をニュースで見る限り、足を引っ張りたいような
    ニュアンスに聞こえる、又はやせ我慢にも見える。要は野党
    の中で記軸になる党が現れて野党の力が強くなり自公に対す
    る。以前は北との3党合意のときのような事が出来なくも無
    い。しかし、今は野党が多すぎ(船頭が多い)て頼りない。
    岡田氏は大まかな方向と考え方は素晴らしいけど、具体的な
    シナリオと工程表が示されないので絵空事で終わりかねない。

  6. 渋谷泰一 より:

    本当に、安倍政権の外交能力の低さには呆れるばかりです。アメリカと仲良くしてさえいれば万事オーケーという態度にしか見えません。少なくとも韓国とくらいはもっと仲良くしてもらいたいものです。岡田さんならきっとそのような努力をされるのだろうなと思っています。

  7. 世話焼き爺 より:

    安倍首相はトランプ大統領をどの様に評価していただろうか? 私はトランプが大統領に当選した時から安っぽい香具師みたいな人物で小さな取引でも簡単に食いつく人物と見ていたしそれ位のことは安倍首相が感じていないはずはないと思う。慌てたと言うより「またかよ」感がしたと思う。

  8. 藤井秀壮 より:

    安倍氏が首相である限り、日本は重要なプレーヤーになり得ません。安倍氏がやって来たことは、北朝鮮をひたすら敵視し脅威を煽り、支持率維持や憲法改正に利用することだけです。そもそも、核や拉致問題を解決しようとする気があるのかどうかさえも疑問です。

    安倍首相を一刻も早く辞任させて、まっとうな外交を取り戻さないと、日本は世界から孤立していくだけです。

  9. 藤井秀壮 より:

    本日の安倍首相と韓国情報院長との会談は、各社とも小さくしか報道していません。
    NHKニュース7では全く取り上げませんでした! 驚きです。森友文書改竄に次ぐ、重要トピックなはずなのに。

    対話が本当に始まりそうで、当面は脅威が薄らぐので、安倍首相は興味を失ったか、改竄問題で全く余裕がないか、あるいは大々的に報道されたくないのでしょう。これが安倍外交の実像です。

    安倍首相を一刻も早く辞任させるしかありません。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP