ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 核兵器禁止条約─日本の本気度が問われる米国の核態勢見直しへの対応

トピックス

核兵器禁止条約─日本の本気度が問われる米国の核態勢見直しへの対応

ノーベル平和賞を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)のベアトリス・フィン事務局長が来日され、議員会館で昨日、与野党の代表者らが参加する討論集会が開催されました。私も民進党を代表して出席し、短時間ですが、基本的な考え方をお話ししました。

まず、核兵器禁止条約は、米国やロシアなど核保有国が賛同しなければ十分には機能し得ないため、一定の限界があることは事実です。しかし、数多くの国々の賛同を得て採択されたということは、核保有国に対する大きなプレッシャーとなるわけで、非常に意義深いと言えます。

他方で、隣国の北朝鮮が核開発を続けるなど、日本を取り巻く安全保障環境が非常に厳しくなっているなか、日本が米国の核抑止に依存しているという事実は重い。しかし同時に、唯一の戦争被爆国として、核軍縮を本気になって進めていかなくてはならない。いま、その本気度が問われています。

少し具体的にお話しすると、いまトランプ大統領のもとで、米国の新たな「核態勢の見直し」(NPR)が検討されています。

私が外務大臣を務めていた2010年にも、オバマ大統領のもとでのNPRが策定されました。そのとき米国政府の一部から、日本は米国の核抑止力に依存しているのだから、核の役割を低減するというオバマ大統領が進めるNPRの方向性に問題があると考えているのではないかという指摘がありました。

しかし私は、そうではないと。将来の核なき世界を目指して核の役割を低減していくというオバマ大統領の目指す方向は、我々も賛成だ。むしろ、もっともっと前に進めてもらいたい、と申し上げたことがあります。

いまトランプ大統領のもとで検討されているNPRは、それがかなり後退する懸念が示されています。止まっていた小型核の開発や、いまは原子力潜水艦にしか搭載されていない核が水上艦などにも幅広く搭載され得るような検討が行われていると報じられています。

これが事実だとすると、核軍縮政策の大きな後退であり、核の役割を低減させるという方向性ではなくて、核の役割を中心にした安全保障政策が再構築されようとしていると言わざるを得ません。

私は、日本がこれに対してどう対応していくのかということが問われていると思います。新しいNPRができるまでに、日本政府のスタンスを明確にして、影響力を行使すべきであると考えています。

オバマ大統領と広島で肩を並べて、核なき世界を目指すという理想を語られた安倍総理ですが、それとは全く逆の、核の役割を増大させようというNPRを作ろうとしているトランプ大統領とべったりの安倍総理と、一体どちらが本当の安倍総理なのでしょうか。

やはりここは被爆国として、核軍縮をさらに進めるために、しっかりと日本政府の立場を明確にし、米国の核政策が間違った方向に進まないよう歯止めとなる。それが、日本が果たすべき役割ではなないかと考えます。

核軍縮は、私が政治家として一貫して取り組んできたライフワークであり、外務大臣在任中も最も力を注いだ課題の一つでした。現状は厳しく、核なき世界に向けた道のりは長く険しいものですが、この人類共通の課題に、これからもしっかりと向き合っていきたいと思います。




コメント
  1. としこ より:

    誠実に日本の核廃絶に対する立ち位置を説明頂き、理解出来ました。被爆国で有りながら、米国の核の傘に守られなければやっていけない我が国の矛盾。が、現実でもあります。しかしながら、核は絶対悪であり、人類の為にこの世界から無くしていく方向は揺るぎないものです。なんという悲劇。広島、長崎、更に五福竜丸、直接、被害を受けた民として、核を憎み続けて、核廃絶の世界的な潮流を先導してゆくべきでしょう。 別な話ですが、私は岡田さんは、護憲論者だと思っていました。が、最近、気付きました。以外に、政治家は改憲論者です。立憲の枝野さんも、九条は兎も角、現代にあった憲法の模索、即ち改憲です。悩ましい問題です。ゆくゆく国民に問われる問題です。ですが、この70年間、日本が平和であり得たのは、憲法のお陰です。そういう憲法を私達は変えるのでしょうか?私は時流に合わなくとも、憲法は守りたいと思います。希望、立憲、民進、岡田さんは、無所属でたたれました。私は支持しました。岡田さんは、この三党をひとつにまとめ様としてみえます。
    無理です。希望も民進も分党して、政策で、党を創るべきです。立憲は私の希望です。今の状況を脱して、やはり立憲を野党第一党とすべきです。岡田さんの立憲入りを強く願います。この前の選挙で、あきれる程の節操のなさを希望に向かった議員に見ました。私は決して忘れません。岡田さんは、予想どうりの行動でした。支持します。人間力も信じます。が、何故。岡田さんが、枝野さんでなかったんでしょうか

  2. 井上三朗 より:

    日本は、唯一の被爆国です。今がちょうどチャンスの時なのです。核兵器禁止条約にサインすべきです。北朝鮮が核攻撃をしないようにアメリカの核の傘にいるというのは甘いです。攻撃してくるときにはしてくるのです。そうなれば、日本は全滅です。それよりも世界が全滅するでしょう。そのためにもそのためにも核兵器は禁止すべきです。天皇陛下も全世界が平和になることを願ってるのです。兵器を持ってるといいことにはなりません。それによってたくさんの人々が死ぬのです。殺し合いになるのですよ。日本は殺人者になるのです。お願いです。日本を全世界を平和にしてください。よろしくお願い致します。

  3. 専業主夫 より:

    頑張ってください!期待してます

  4. 憤懣太郎 より:

    核の傘に入っているから核兵器の削減・廃止の発言も運動もできないというのは、逃げの口実だと思います。現状は、現状として認めて、これから核を持った双方の勢力に働きかけ、双方が縮減に向かうような運動はできるでしょう。安倍首相は、その場の都合のよいことを言う性格だから信頼は置けないし、外国からもそう思われていると思います。まことに日本にとって不幸なことだと思います。首相を糾すべく、与野党の議員がしっかりと聞き、発言すべきです。またマスコミも政治家に迎合するのでなく、国民に訴えることを、継続して行うことです。
    現在の安倍政権では世界からの信頼は無く、せいさくとして仲介役を目指しているような発言もありますが、安倍氏ではむりです。与野党の議員で、問題ごとに集まり、発言・行動することはできないのですか。どこの党でも、自党の政策に100%賛成という議員はいないのではありませんか。そんな議員は何も考えない、幹部の言いなりになる議員不適格者でしょう。目的のために、自ら行動を縛って、納得しているケースもあるでしょう。
    核兵器削減・廃止のための討論会など行い、またはひとつのグループとして国民に提案して、マスコミが全面的に報道する。継続して行うことです。そのななから採用される案が出てくると思います。それだけの知恵はあります。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP