ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 慰安婦問題─賢明とは言えない韓国政府の対応を非常に残念に思う

トピックス

慰安婦問題─賢明とは言えない韓国政府の対応を非常に残念に思う

慰安婦問題をめぐる韓国政府の対応が明らかになりました。

今までの日韓合意は否定しないものの、実質的にはその変更を迫るもので、大変遺憾なことだと思っています。

さすがに、日韓両国政府で公式に合意したものであり、それを表立って否定することはしていませんが、「真実を無視した場所で道を作ることはできない。誤った結び目はほどかなければならない」としたうえで、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、「日本が真実を求め、被害者おばあさんに対して誠意を尽くして謝罪し、それを教訓として再びそのようなことが起きないよう国際社会と努力するとき、おばあさんも日本を許すことができ、それが完全な解決と考える」と述べておられます。

もちろん、過去に行ったことについて、両国政府の合意だけで、すべてが解決されるというわけではありません。感情の問題は残ります。しかし、政府として、一応の決着をつけるということで、日韓合意ができていたはずです。そして、現実に日本が拠出した10億円を財源として、47人中36人の慰安婦の皆さんがお金を受け取られました。

大統領は、日本が拠出したお金でそのような「癒やし」のための措置がなされている事実をおばあさんたちは受け入れることができない、したがって、我々政府のお金でその「癒やし」の措置を行う、と質疑応答の中で言われています。

しかし、36人のおばあさんたちがお金を受け取られたのは、ただ単にお金の問題ではないはずで、日本政府が拠出したお金だから受け取ったおばあさんたちもいるはずです。それを一刀両断に「受け入れることができない」というのは、一方的に過ぎるのではないでしょうか。

そもそも、かつて慰安婦問題の解決に、日本国民の寄付を募って拠出したときに、日本政府がきちんとお金を出すべきだという批判が韓国にありました。今度は、日本国政府のお金だから駄目だということでは、一体どうすればいいのかと、私自身も困惑をしています。

隣接する民主国家として、北朝鮮問題をはじめ、さまざまな協力が求められる両国関係であるにもかかわらず、日本が受け入れることができない内容を伴う今回の措置は、決して賢明なものとは言えません。日韓関係に長く携わってきた者として、非常に残念に思います。



コメント
  1. ばた より:

    慰安婦問題
    日本国の過去の責任問題は政府から謝罪が必要でしょう。
    韓国の人たちも過去の清算では歴史認識問題が大きなな
    とげになっているように思います。
    謝罪がきちんとやれていないから韓国国民の不信が過去につながり
    不満が出ていると思いますよ。

  2. 市原恵子 より:

    失礼します。
    私は日本の歴史修正主義的で、これで終わりにしたいという態度が被害者である韓国の国民の感情を逆なでしていると思います。お金の問題ではなく、総理、外相が誠意をもって直接被害者に謝ることがあれば、問題は解決するような気がします。
    結局は日本の意識の問題だと思います。
    生意気なことを申し上げてすみません。岡田さんにはもっともっと活躍していただきたいと思います。
    応援しています。

  3. Bear より:

    不可逆的に処理するとの合意に無理があるのではないでしょうか。この種問題は不可逆的には処理されない。
    金銭でのみでは解決する問題ではありません。この事を肝に銘ずべきと考えます。 錬造

  4. ウォンバット より:

    岡田さんの考えと一緒です。両国が仲良くしなければいけない時に、なぜこのタイミングで持ち出すのだろうか?
    文さんかなり思考停止になっている感じがします。
    しかし、日韓合意にかなり無理があったのは感じていました。韓国全体がヒステリックになっている時でした。韓国国民が許してくれるはずなどない時に締結され、一気に倒閣へと進んでいきました。
    こうした中、岡田さんには是非オリンピックへ行ってほしいのです。できれば希望者を募って。もちろん日本選手団の応援です、そして韓国民と仲良くしてほしいのです。オリンピックの真の目的のために、そしてそうした東京オリンピックにするためにも。

  5. 細堀 勉 より:

    詳しい内容は分かりませんが 10億円出すからこれで解決しろと云うイメージは有ります 手紙で謝罪せず総理の口から直接慰安婦の代表者に謝罪すれば良かったかと思います 足を踏んだのはこちらですから その後国内で慰安婦問題はでっち上げだとの意見が出た事(一部の国民には認めたくない人々もおり政府の対応が弱かった)も不振を招いた原因かもしれません。直接真摯謙虚に対応して居たら完全解決していたと思います。

  6. 岡本哲軌 より:

    拝啓
    ブログを拝見しました。
    ”日韓両国政府で公式に合意したもの”とのこと、合意にいたるまでの経緯(文書)の公開を外務省に求めてはいかがでしょうか?
    「日米の圧力に屈して、いやいやながら韓国が合意した」疑いを払拭されることを願います。

  7. 谷洋二 より:

    韓国大統領は「慰安婦問題の合意」の大枠を否定している訳でなく再交渉の要求ではない。政権交代を経て合意内容に「慰安婦強要」への「日本側の責任問題」に対する誠実な反省に欠けると指摘でしょ。支援金を拒否している元慰安婦の言い分も、その点にあるから「誠意ある謝罪が欲しい」という事に尽きます。
    「合意内容の偏向は一切、応じられない」と突っ張っている安倍政権の態度は、同問題への反省も口先でしかない韓国民の思いを助長し、真の和解に成らず、今後も日韓関係に尾を引いていくでしょう。
    旧日本軍によるの慰安婦問題は、政府や右派論壇がどう否定しようとも否定できない蛮行。アジア諸国だけでなく欧米でも理解されており、心ある国際社会の人々にも「ダメな日本」を印象つけるでしょう。
    韓国大統領の発表を民進党岡田先生が「残念」云々をいうのは、言葉は柔らかでも安倍政権と変わらぬ観念と思い、残念でなりません。

  8. マツモトノリコ より:

    岡田様
    日本人が他国に対して行った事は
    真実であり、同じ女性として
    あの戦争で身体だけでは無く心まで
    深い傷を負われた事と察します。
    それを簡単にお金で解決する日本の心が
    慰安婦の方々を傷つけているのです。
    謝罪をすることは当たり前の事です。
    現実に有ったことを無かった事には出来ないのですから。

  9. 宇野信子 より:

    韓国の当事者の皆さんや、日本の女性たちも日韓合意に違和感を持っている人は多いと思います。何故なら、事実を認め、反省する態度が見られないからです。教科書の慰安婦問題の記述を検定で修正させ、記載を避けるような圧力がかかっているのが一番問題です。お金ではなく、将来世代に事実を事実として伝え、こんなことが2度と起こらないためにどうしたら良いか、日本社会全体で考える作業は全く不足しています。この件についてどのようにお考えでしょうか?

  10. galiber より:

    岡田氏のご意見を非常に残念に思います。
    ムン政権は、被害者本人や韓国世論の大きな動向をあまり考慮することなく拙速に日本側との交渉に合意して調印した前政権の合意をじっくりと再検討した結果を発表したのです。そのうえで、韓国側は、公式の合意を崩すことなく、いわば苦肉の策として可能なオプションを提起したものと受けとるべきと思います。
    ムン大統領が述べた「日本が真実を求め、被害者おばあさんに対して誠意を尽くして謝罪し、それを教訓として再びそのようなことが起きないよう国際社会と努力するとき、おばあさんも日本を許すことができ、それが完全な解決と考える」という意味を忌憚なく受け止めるべきです。この発言の意味するところは、「日本がこれまで誠意を尽くして謝罪していないので、被害者全員も韓国国民の多くも完全に納得していない」ということです。従来より、日本の要人、特に自民党の政治家などが被害者の傷に塩をすり込むような無思慮かつ差別感や敵対心をむき出しにしたような発言を繰り返しています。はっきり言って、現在もこの傾向は止むどころかむしろ増幅しています。ことに象徴的なのは、安倍首相の「戦後70年の談話」でした。かつての戦争でのアジア諸国への侵略、与えた甚大な人的・物的被害、そこで行った非人道的行為に対する真摯な反省と謝罪はほんとに残念ながらほとんど感じられるものではありませんでした。つい先日亡くなった慰安婦の方のシンポジウムに行ったことがありますが、彼女たちの多くが「おかねの問題ではなく、心からの謝罪がほしいだけ」と言っていました。
    謝罪というものは本来、被害者側が完全に納得して成り立ちます。完全に納得していないのに加害者側が「もういい加減にしろ」というのは「傲慢極まりなく不誠実な態度」と被害者側には写りますし、私もそう思います。
    被害者側を非難したり、慰安婦(はっきり言えば「軍隊主導による性奴隷制度」と国連でも明確に認定されており、国際社会でその認識がすでに通用しています)の存在にまで疑義を呈したり、あたかもセカンドレイプのように、筆舌に尽くしがたい被害を被った慰安婦たちを何度も何度も傷つけることを日本側(特に政府、政治家を含めて)はもういい加減に止めないと国連や国際社会から非難が高まることは、時間の問題でもあるとすら私には感じられます。
    繰り返しますが、日本側に今求められているのは、先の大戦の真摯な反省と総括・清算を行ったうえで、被害者の心に届く誠実な謝罪を政府も国民も足並みを乱すことなく共通認識として(ドイツのように)一刻も早く行うことでしょう。少々話は逸れますが、これなくして、(9条)改憲も自衛隊の位置付けも危なくて到底手を付けてほしくありません。なぜなら、安倍政権のような人たちが政権を握っている限り、また戦前・戦中のような社会や国家体制がよみがえり、軍隊のシビリアンコントロールもなくなってしまうことが、手に取るように透けて見えてしまうからです。
    私は民進党にもいささかの期待をしている戦後生まれ団塊世代の男性で、自由、人権が保障された真に民主的な国に日本がなってほしいと切に願っており、率直に言えば、現在の政治状況をおおいに憂いています。また、民主党政権時代からの岡田さまの実績にも少なからず賞賛の拍手を送らせていただいているので、あえて勇気を奮って以上の通りの意見を寄せさせていただきました。どうぞ、先入観なくお読みいただければ幸いです。

  11. Carlo Iustizia より:

    慰安婦問題韓国大統領には国際的な合意文書(条約.覚書など種類は不問)は署名国を拘束する文書であることを理解させることが重要.政権が変わればそれは存在していない物とみなすは国際公法を理解していれば出てこぬ見解な事も分かせる必要もある。片や日本としても安倍広報誌と揶揄される新聞の様いたずらに嫌韓国感情を掻き立てる情緒的でしかない記事を書いているのをよく反省すべきと思う.嫌韓や嫌中記事や出版物を書店にあふれさせても日本の国際的な立場が際立ってよくなるなどという事ではない。日本人自身も国際関係についてもっと知性理性を高める必要がある。稚拙な言動は頭脳の成熟度を示さないどころか軽蔑を招くだけなことをしっかり認識すべきである。私は40年間を外国で過ごし2016/8に帰国したが客観的に見て日本の報道の質の低さには驚くばかりである。慰安婦問題にしても事実に基づいた報道が求められうのにこの問題は韓国の作り話だ式報道は国際社会での信用失墜しかもたらさない。

  12. 佐久間 宏 より:

    日韓合意でいくら国と国が合意したからといって、全ての個人が納得しているとは思えません。
    何故ならば、今回の日韓合意は引用が多く心から謝罪していないなど、全ての慰安婦が納得した合意ではないからです。
    慰安婦さん達の声を聴いてきてください。そうした声を拾わず、韓国政府の対応が残念というのは、人の気持ちを理解しようとせず、日本の国益だけを考えているしか思えません。
    少し遠回りかもしれませんが、全てにおいて上から目線ではなく、地道に被害者である個人の声を拾うことが大切だと思います。
    最たるものが、「保育園落ちた。日本死ね!」。
    観念だけではなく、こうした声を拾うセンスをもってくださるようお願いします。
    この姿勢をもってくだされば、必ず国民は岡田さんを応援します。
    頑張ってください。今はしんどいけれど、きっと復活されることを期待しています

  13. 内山祐吉 より:

    何時も、ご活躍を拝見致しております。
    韓国は、今そこにある危機をもっと正面から考える必要があります。
    経済状態も北の問題も過去最悪と言えるのではないでしょうか。
    お年寄りの年金が、低すぎて自殺が多発しているともお聞き致しております。
    私も、長年韓国と貿易をして参りましたが、国民性の違いでしょうか未だに、理解に苦しむところが数多あります。
    今後日本は、どっしりと構え、対局を見据えて対応した方が良いと感じます。
    頑張って下さい。

  14. 井上三朗 より:

    今、ICANの事務局長が来日されてます。野党も全員団結して、政府に核兵器禁止条約へサインするよう迫ってください。
    核の傘なんて何の役にもたたないと思いませんか。攻撃されたら一瞬にして何百万の人々が死ぬるんでよ。それから、アメリカが攻撃したって何にもならないでしょ。兵器があるから攻撃させるんです。何もなかったら何も起こらないんですよ。お互いに笑顔があれば、平和そのものですよ。常に笑顔と対話ですよ。ICANの事務局長と会って話してくださいよ。
    よろしくお願い致します。

  15. ウラちゃん より:

    私は太平洋戦争について、日本の政府が天皇制の下で実行され、中国や朝鮮はじめ東南アジアの国民に耐えがたい犠牲を
    強いたこと、その中で朝鮮国民を奴隷のように酷使し、「慰安婦問題」も女性の人権を侵す許しがたい行為であったことを、日本政府は認めて誠意ある謝罪を明確ににすべきだと思います。
    安倍政権は、慰安婦だけでなく日本国民の人権も生存家も破壊し、いま憲法9条を改憲し再び自衛隊を軍隊として、アメリカに追随して、戦前のような国に変えようとしていることに危機感を持っています。
    私の父は、終戦の年(1945年)米軍による北海道空爆が実行されとき、日本軍兵を救助してい最中に戦闘機の機銃で即死しました。私は1944年9月生まれで、父の顔尾も知りません。母は4人の子供を抱え、困難な生活を強いられました。日本国民は、過去の侵略戦争の事実を学び、今の憲法の成り達と世界的意義を学ぶことが必要だと思っています。
    岡田さんが野党共闘の実現に苦労されてまとめたあげたことに敬意を表しつつ、「慰安婦問題」の真の解決を期待しています。

  16. oka より:

    大統領選挙で公約としてしまった以上、このようにしなければならなかったのでしょう。アメリカ合衆国の大統領も、韓国の大統領も、前政権の実績を否定したいだけなんでしょう。そのため、アメリカではTPPからの離脱、パリ協定からの離脱、オバマケアの否定など前政権の実績を否定するのに一所懸命です。韓国でも国内向けには従軍慰安婦の合意を否定したいのだが、国家間の約束を政権が変わったからと言って否定してしまうと国際的に信用を失うということで、支離滅裂になっています。不可解なのは、韓国同様、アメリカ合衆国も国家間の合意を反故にしているにもかかわらず、日本はアメリカにはなにも言わない(言えない?)のはどうしてだろうか?

  17. 香織 より:

    私は、日韓合意には無知ですが、慰安婦問題は、少し読ませてい頂きました。
    日本としては、矢張り、韓国の大統領のおっしゃる様に 誠心誠意真心を込めて
    おばあさん達に謝罪すべきだと感じました。何回でも。謝罪すべきだと思いました。日本の その 真心が足りないと韓国の大統領が、仰ってらっしゃることは
    まことに 正論であると思います。
    正論というより 人として 心のあり方を
    ご教唆なさることに於いても
    情味ある人間性の証左を 韓国の大統領は
    お示しになっておられると思います。
    岡田様に生意気なことを申し上げて
    申し訳ございません。岡田様が、韓国の
    問題に心を砕いて対応なざってらっしゃることは存じ上げており、ブログにも
    柔軟なお心が綴られてあり、ゆえに
    思わず、書かせて頂きました。ありがとうございます

  18. 松浦正 より:

    ことの起こりは民主党政権崩壊後、右翼団体「日本会議」や一部右翼変更マスコミが朝日新聞既設慰安婦報道の否定が始まりと思います。この日本歴史見直しを阿部政権が強力進めた結果と思います。日本の対応について韓国側からクレームがつくのはもっともっと思います。
     こんな歴史的背景のなかで韓国を納得してもらう困難と思います。まして10億円で片つけようという日本政府の姿勢こそ問題です。

  19. てるさん より:

    岡田議員が言われる事は正論だと思います。ただ文大統領は博愛精神の持ち主ではないかと想像しています。TV見て
    そう感じさせる発言が多いと思うし、だから73%の高支持率があると思います。しかし、この事と主題の件は関係なく、究極の判断を求められた時、日本他の批判、困難より自国の弱者に寄りそう事を優先した苦渋の選択と推察します。政治に関わらなく責任のない私のような者はそう感じるという事です。
    翻って、日本の東南アジアにおける戦争の歴史では、賠償金では消えない、つらい遺恨の感情を持った人、子孫がどれだけいることか。
    私も5歳の時、疎開先沼津の夜の空襲で街が燃えて昼間のように明るかった記憶があります。父は戦争が始まってから、虚弱で丙種だったにもかかわらず召集され中国に出征した。戦地ではで上官から殴られてばかり、上官はうまいもの食べても、したっぱの父は不自由し、子供達がいなければ自殺したと母から聞いています。
    上官を恨むという事は組織、軍のトップ戦争犯罪人を恨むという事で、その人達が祀られている靖国神社に行く気は私
    はありません。
    話が飛躍してしまいましたが、慰安婦問題と靖国神社問題は精神的、感情的問題で根が深いと思います。

  20. やっさん より:

    一事が万事 の言葉通りです
    政権交代の都度、先に決めた事項が平気で覆されるような国とは
    話し合いや取り決めはできないでしょう。
    そのことをきっちりと韓国に対して伝えてほしいです。

  21. 木村 庸 より:

    岡田氏の言う通りでしょう。しかし、それでも相手が納得しないのです。
    納得しない相手に非があるのでしょう。その非を正すのが外交かもしれません。
    ただ安倍政権の取り巻きの様に、相手を非難していても解決しないでしょう。
    しかし、相手も単純な人間です。
    少し見方を変え、慰安婦少女像へ、春のスカーフでも送った方が良いと思いますが。

  22. 安倍政権支持者 より:

    民進党を支持しているワケではありませんが、岡田先生の仰る通りだと思います。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP