ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 外務委質疑─総理の暴走を止めることも河野外相には求められている

トピックス

外務委質疑─総理の暴走を止めることも河野外相には求められている

衆院外務委員会で、河野外務大臣と30分間議論しました。

まず取り上げたのは、非核三原則の1つ、核兵器の持ち込みの問題です。米国政府が、核兵器を搭載した艦船の一時寄港は持ち込みに当たらないと考えていたことを日本政府は承知しながら、米国政府が何も言わないから持ち込みはないと国民に嘘を言い続けてきたという問題です。

河野大臣は、野党時代(2010年)に「非核三原則を堅持するということは、日本政府は国民に嘘をついてきた状況がこれからも続くことになる」と述べていました。

しかし今は、外務大臣として非核三原則は堅持すると発言しています。かつての河野さんの発言のように、嘘をつき続けることにならないためには、核兵器搭載可能性のあるB-2、B-52戦略爆撃機や戦略原子力潜水艦の着陸・寄港を認めるべきでないということになります。

しかし、河野大臣は、日米同盟という信頼関係の中で、核兵器が「持ち込まれる」ことはないとの主張でした。

日本政府として確認のしようがないことを考えると、国民に対する嘘はまた続いてしまうのかもしれません。特にB-52が日本の領空を通過し、自衛隊のF-15と編隊航法訓練を行ったことは、非核三原則の形がい化を予測させる深刻な事態です。

次に、北朝鮮問題について、すべての選択肢がテーブル上にある、すなわち先制攻撃の可能性を否定しないトランプ大統領の立場を「高く評価し、一貫して支持する」という安倍総理の発言は、決して北朝鮮が対話を求める状況をつくり出すことにつながらないと指摘しました。

河野大臣の答弁は、安倍総理と全く同じでした。二元外交になることは避けなければならないことに、一定の理解はできます。

しかし、国民の命と平和な暮らしを守ることが政治家の責任であると考えると、安倍総理の暴走を止めることも、河野大臣には求められているはずです。率直に言って、がっかりした答弁でした。



コメント
  1. たけ より:

    私も野党時代の河野さんには期待していました。
    が、この数年の彼の言動にはがっかりしかありません。
    得意の変人ぶりも引っ込み彼も権力側に、すり寄ったただの小物政治家ですね。

  2. 渋谷泰一 より:

    河野外務大臣は、ツイッターで、「核兵器禁止条約」に日本政府も調印すべきだとの意見があるが、北朝鮮の脅威を前に、日本はアメリカの核の傘で守られているので、そのアメリカから「調印するな」と言われれば仕方ない、というようなことを書いていました。核兵器は今やどこの保有国も現実には使用できなくなっていると、広島を訪れたオバマ大統領も言っていました。そのような核兵器の傘を「抑止力」になると言ってありがたがっていていいのでしょうか。いわば太平洋戦争の時の日本を再現しているかのような北朝鮮を前に、「アメリカの核の傘」の下にいることがかえって危険になっていると思うのです。「国民の命と平和な暮らしを守ることが政治家の責任」と言われる岡田かつや先生の言葉を重く感じています。

  3. 旧姓かとちゃん より:

    安倍政権は閣僚に自分と同じ主張以外の主張をさせないように封じ込めています。これでは全くの操り人形でしかありません。自民党員の中にもいろいろな考えの人がいるはずです。異論を口に出来ないのでは戦前の大政翼賛会と同じで、非常に問題があると思います。

  4. 山科三歩 より:

    非核三原則についての質問はとても重要なものと思います。これからも続けてください。対北朝鮮の対応については全く米国追従で、独立国家としての外交努力を放棄しているとしか見えません。米国は、もっとしたたかです。圧力一辺倒ではどうなるか。北朝鮮を、15年戦争に突き進んでいった日本のようにしてはなりません。がんばってください。

  5. 野村 功 より:

    安倍総理は暴走しているのでしょうか? これまで全てを反故にしてきた北朝鮮は 本来この地球上に存在しなくて
    よい国家 と私は思っているのですが この度 国連から特使が出向いて話し合いを持っても 何ら成果らしきものは
    無かったようで 核・ミサイル を放棄させる手だで・選択肢は もうないのではないでしょうか。 岡田さんが
    総理ならどんな方法を使われますか?

  6. フジイヤスヒデ より:

    安心しました。政権内部に河野外相がいらっしゃって。
    野党を立ててくださるような姿勢があれば、もっと期待します。
    このホームページは簡素ながら、良く活用できる工夫がしてあり、
    これからが期待できる気がします。

  7. 木村 庸 より:

    現在までの政権の政策基本姿勢ではは非核三原則も、沖縄基地問題も、拉致被害者救出問題も、慰安婦問題も全ていくら時間と税金をつぎ込んでも解決しないだろう。これらを一気に解決するためには憲法第九条の完全完璧な履行だろう。その為にはとにかく他国と戦争をしないこと。戦争をしないためにはどの国とも喧嘩をしないことだ。竹島が欲しいと言えばくれてやることだ。尖閣諸島が欲しいと言えば三つあるので三国で分ければよいだろう。北方四島も手放すぐらいの腹が無かったらだめだ。慰安婦問題など、慰安婦像は互いの国民の記念碑だ。両方の国民ともあの悪い日本軍に嫌と言うほどいじめられたのだ。
     そんなことをしたら日本国、及び国民にとって屈辱であり、大きな損失であると考える人が多いだろう。しかし少し考えてみれば、竹島や尖閣諸島そして北方四島で過去の様に突っ張り合いをしていても、その長い年月の有効利用はどちらの国民にもなされず、その間の損失は非常に大きい。そしてこれからも全く解決しないし、相手に対する強硬策や圧力策では税金が浪費するだけで、国民にとっては何の利益も生まない。
     現在の安倍政権の中国への対抗意識、北朝鮮圧力政策、韓国批判、ロシアえの怨念では、米国の軍事産業の餌食である。トランプ大統領からは兵器を平気で購入増加。その軍事費増加で福祉費用の増加をまかなえず、消費税の増額だ。消費税で武器を交わされる哀れな日本国。そのジレンマから抜け出せないのは政策の根本姿勢が間違っているからだ。
     何処の国民も隣国などと喧嘩をしたくないのだ。喧嘩や戦争をしたくて、国民に危機を煽るのは何処でも国家側であり、現状政権を維持したいためなのだ。河野外相が政権側に立つと変容するのはそのためだ。安陪犯罪内閣の一閣僚になったら名門河野家のボンボンもその程度なのだ。悲しく嘆かわしいがこれが現実だ。
     ハト派で行こう。少しぐらい他国に負けても、喧嘩や戦争するよりは国民には幸せをもたらすだろう。 
     

    • たけ より:

      全くその通りですね。
      未来永劫日本が日本としてある必要も私は考えていません。
      征服者になるよりは征服される側で良いとも思います。
      ガンジーに成るべきです。
      世界に一つくらいそんな国があって良い。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP