ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 参院と歩調を合わせて無所属の会が汗をかき、立憲や希望の結節点に

トピックス

参院と歩調を合わせて無所属の会が汗をかき、立憲や希望の結節点に

両院議員総会が開催され、新しく民進党の役員人事が発表されました。

大塚代表のもとで、増子輝彦幹事長、国対委員長には、衆院会派「無所属の会」から平野博文さんが就任することになりました。平野さんには、民進党だけではなく、「無所属の会」の衆議院における国対委員長も兼務していただきます。

その他、党再生に向けて、コンパクトで動きやすい党組織になりました。私も従来に引き続き、常任顧問になり、新しい執行部をしっかり支えていきたいと考えています。

国会の日程も粗々決まり、11月17日に総理の所信表明演説、20日、21日と代表質問。無所属の会は、衆院においては、野党第3会派なので、21日(火)に代表質問することになる予定です。

私も会派代表として、短い時間になりますが、コンパクトにしっかりと、総理に対して質問したいと考えています。

衆院においては、13人という、立憲民主党や希望の党と比べると小さな党ですが、それでも共産党や維新の党と比べれば、野党第3会派ということになります。参議院を含めると、野党第一党の塊です。

我々がこれから国会の中で、どれだけ存在感を発揮できるか。野党が分断され、そして、衆参の連携が悪ければ、力を発揮することができません。

衆議院において、立憲民主党、希望の党、その他の無所属の皆さんと、しっかり連携するための結節点に、無所属の会がならないといけません。

そして、民進党の中においても、無所属の会と参議院民進党の歩調が合っているように、無所属の会が汗をかかなければいけません。

しっかりとその役割を果たして、充実した国会審議ができるように頑張りたいと考えています。



コメント
  1. 岩永正人 より:

    岡田先生、なにをなされようたされるのでしょうか?安倍ミックスに代わる経済政策を出された。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP