ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 今回は無所属で戦います。

トピックス

今回は無所属で戦います。

突然の解散の中、民進党の衆院選候補者の多くが、希望の党に合流することになりました。ただし、新党結成の動きもあります。

そういう中、私は今回、無所属で戦うことにしました。その理由は以下の通りです。

第一に、党の基本的な理念の問題です。希望の党は「改革保守」だそうですが、私は、自民党に対抗する政党は、保守からリベラルまで幅広く取り込んだ存在でなければならないと考えています。保守二党では、健全な政権交代可能な政治にはなりません。

第二に、私は、集団的自衛権の行使容認は、憲法違反の疑いが強いと主張してきました。私が代表時代に行われた参議院選挙における党の公約でもありました。小池さんは集団的自衛権行使に賛成の立場です。また、消費税引き上げについても反対しています。その他、小池さんの政策は、私とはかなり違うのです。

第三に、私は、民進党の初代代表として、多くの衆議院選挙候補者を選定してきました。その中には、希望の党に移ることができない人々が、約70名います。今まで当選を目指して頑張ってきた人々を、結果的に置き去りにしてしまうことにならないか。私も、代表経験者として責任を感じているのです。

こういう中で、私は、今回は無所属で出馬することとしました。ただし、今回の総選挙の最大の目的は、安倍一強政治の打破です。自民党をどれだけ減らすことができるか、これが最も重要であることは言うまでもありません。したがって、あくまで戦う相手は自民党であり、希望の党ではありません。

無所属で立候補する人もいるなか、希望の党にも多くの仲間がいます。今回の選挙では、私の判断で、希望の党、無所属、そして、今後の動きによっては新党の候補者たちを、党派を超えて、全国に応援に行く予定です。あくまで人物本位で考えているのです。

私は、政権交代可能な政治を目指して、25年以上、その信念を貫いてきました。野党陣営は今、混乱しています。希望の党が、自民党に変わり得る政党の最終的な姿とは思っていません。短い混乱期を経て、本当の意味で、自民党に対抗できる野党を立ち上げる、そのことによって、政権交代可能な政治を実現すること、これが、私の見据える目標です。



コメント
  1. ノブ より:

    岡田様
    私は40年来民主党を支持してきました。最初は組合員だったため半ば強制に支持させられました。ところが時間経過とともに民主党の主張は実に正しいと思うようになり、最近の選挙でも民進党を応援しています。
    一方で政権を取ったときのあの体たらくには失望しました。しかし人は失敗から学ばなくてはなりません。

    今回の前原さんの行動は理解できません。最初は全員で合流、がいつの間にか別れるのは想定内と・・・(ただの嘘つきでは)
    八ッ場ダム一つ改善できなかった奴に、代表を任せたのが間違いだと私は思います。

    岡田さんどうか民主党の主義主張を消さないでください。子供たちが安全に暮らせる世の中を目指してください。
    枝野を応援してください。
    頑張れ岡田!!

  2. 中林 敏雄 より:

    10月5日朝に改めて読ませていただきました。ここに記された理由でしたら立憲民主党から出馬されたらいかがでしょう…

  3. かーと より:

    希望の党ってやはり中途半端な所ありますね。民進党よりも自民党よりに考え近そうですね。立憲民主党だとリベラルのみって感じのようですね。岡田さんの目指す保守とリベラルの共存って今は難しいですけど、かつて政権があった時期もあるわけで、いつかまた求められる時期が来てもと思います。ただ与党側でも野党側でもブレ過ぎな民主党は支持しづらいですよね。無所属でも選挙区なので岡田克也に投票しますよ。いずれは政党入りしてくれると思いますので、見守ってます。

  4. 旧姓かとちゃん より:

    岡田さん、良いと思います。貴方の基本的な考え方に賛成します。これからも日本をいろいろな意味で少しでもよくする、良くなるように力を尽くしてください。

  5. Kennzan より:

    岡田さんの意見に賛成です。できるだけ早く自民党に変わるべく真の保守リベラルの政党を立ち上げ日本を改革していって頂きたい。

  6. 千葉 より:

    民進党は幅広い考え方でまとまっていたと存じていますのでこの度の分散はやむを得ないと思っています。決して分裂でも、崩壊でもないと思っています。ただ、希望の党へ予想以上入党された方が多いことは残念です。前原代表の言葉を真正面に信じたようでこれはいかがなものかと残念としか言えません。希望の党は、巷間の情報によると自民党と大して変わりがない、むしろ志位委員長の云われるように自民党の補完勢力と言ってもしょうがないと思われ、そこへかなりの民進党議員が行かれたのですから、これまで訴えてきたことは何だったのだろういう思いです。その中で岡田殿が無所属で出るとのこと、その決断に対しては敬意を表したいと思います。また枝野氏が新党を立ち上げました。個人的にはこちらへもエールを送りたいです。その上で、お伺いしたいのは枝野さんの党との考え方に違いがあるとすれば、どのような点からであったのか、お伺いしたいと存じます。よろしくお願いします。
    今後の厳しい状況下、益々のご活躍をお祈り申し上げます。

  7. searching for freedom より:

    選挙権を得てから20年近く、いつも岡田かつやさんが所属している政党に投票してきました。
    どんなに民主党不人気時代でも、迷うことなく、投票してきました。
    それは、岡田さんの生活ぶりを地元で見てきて、絶対に血税を無駄に使ったりはしない人だと、知っていたからです。
    正義に反することを絶対にしないと確信しているからです。
    今回も、岡田さんが応援に来られた方に投票しようと思います。
    こういう選挙も、時代なのかもしれません。
    威張って血税を無駄遣いする人たちと戦って下さい。
    どんどんと政党ができ、何を信頼していいかわからない時代に、信じられる議員がいる私は幸せ者かもしれません。
    応援しています。

  8. ひまわり より:

    これまで応援してきただけに、民進党が希望の党へ合流は許せません。これまで積み上げてきた市民連合と野党との信頼を失い、背信行為です。立憲主義を取り戻す、戦争する国は許さない。戦争法廃止の一点で市民と野党の共通政策の合意があったのではなかったのですか。
    小池百合子氏がどんな人物で何を目指しているのかは、到底わかっていたはずです。希望の党は野党ではありません。
    2015年の9月19日、若者はじめ、市民が求めてきた願いは、野党と市民が共同してアベ政治を退場させ、平和憲法を守ることです。一人も殺し殺される国にしてはならないと、戦争法廃止です。9条守れ!です。
    岡田さんにはこれまで以上に私たちの願いを受け止め、リードしていただきたいと思います。
    希望の党と自民党政治はまったく同じ道を目指しているのですから。
    期待しています。

  9. 小林正弘 より:

    御主張はよくわかりましたが、客観的に見てもし、選挙結果で自公希維の4党で3分の2を許すようなことがあれば、彼らは憲法改正にまい進するでしょう。民進党はアベ政権の下での憲法改正は許さないと言ってきましたよね。そう思えば、枝野さんの主張が正しいと思わざるを得ません。岡田さんが立憲民主党に加わらないのは意外でしたし、失望もしました。これからでも遅くはありません。それこそ同じ理念の下で支え合ってきた仲間を見捨てることになりませんか。本県の米山知事は前原氏が何十年来の仲間を見捨てるような行動をとっていることに、言葉が信用ならないと言っています。その通りです。今こそ民進党を立て直すチャンスなのに無所属で立たれる旧民進党の方々の心が理解できません。せめて、3分の2阻止のために奮闘してください。そうでなければ、岡田さん自身も責任を問われます。アベ政権を倒して終わりではありません。立憲主義を回復する必要があるのです。釈迦に説法でしょうか。

  10. 西村義明 より:

    野党と市民の共闘の道を拓いたひとりである岡田さんには敬意を持っています。だからこそその道を理不尽にねじ曲げてしまった前原さんの今回の選択は心から残念でなりません。やむにやまれぬ立憲民主党の旗揚げにせめてもの望みを託さざるを得ない多くの人々の切ない心は、無所属の選択では報われないことをお伝えします。

  11. 野口恵美子 より:

    ずっと、岡田さんの事が大好きです。
    岡田さんの応援なさる候補者に投票します。
    盲目的にというわけではありませんが裏切られないと思います。
    比例は立憲民主党に入れます。
    ずっと岡田さんを応援します。

  12. 彰sengi より:

    岡田先生、戦うとは相手を誹謗中傷するのではありません。お互いの粗探しをしては足元を掬うなど国民は見るに耐えません。与党も野党も思いは一つ。国のため、国民のためではないですか。お互いの党を倒すための戦いは止めて下さい。
    それよりも、堂々と意見のできる環境を作って下さい。偏向報道、情報操作を繰り返すマスコミを正そうとは思いませんか?。自分達に都合が良ければそれで良いのですか?。強い日本を世界の見本となる国を造りませんか。戦争をしたい人など一人も居ません。

  13. Tommy KANEKO(Japanese American) より:

    外国人目線で見ると、日本の政治には、政治家の「上から目線」が生理的に嫌いです。 本来、政治家は市民・国民からの声を代議して政策を立案し、ビジョンをマニフェストに落とし込んで、達成率を数年後に有権者から評価を受ける。最も大事な事は、良く現実的になれとか言われますが、 政治家は未来の夢を語りそれを、市民・国民と共に、実現の方向性に向けて行く事が大事です。 サークル仲間と政治談議した時、全員が「そうだ!そうだ!」と言ったのが、「政治家の中には私達サラリーマンより、知性も理性も品性も欠ける政治家が山のようにいるので、政治家をとしての品質管理の為に、政治家資格検定を憲法をベースに3-4年毎に更新試験を受けさせたら良い」、そうすれば、「このハゲー!」みたいな下品な政治家は出てこない!

  14. 赤童子太郎 より:

    同感です。民主とはどのようなことなのか市民がもつと勉強してほしいものです。トツプが考える思想を他にに強制することでは無く多くのテーマを論じ合うことこそが民主だと考えております。一強で物事を決めるより時間はかかるであると思いますが、反対の意見の中にも必ず真実があると私は考えます。どうぞせいいつぱい頑張つてください。必ず投票にはいきます。我が家にも七票ほどありますから。お役に立てればと考えております。

  15. 同世代女性 より:

    初めてコメントします。民主党結成時より一票を投じている者です。
    岡田さんは党のなかでは安定感のある重しのような、”なくてはならない”存在でした。選挙後は「私の見据える目標」に向けて行動を起こされるのでしょうが、保守とかリベラルなどのカテゴリーではなく、有権者が信頼して自分の生活を託せるような政治集団を纏めてください。その架け橋になってくだい。立憲民主党を「ぴったりこない」などと切り捨てず、インクルーシブな集団をつくってください。お願いします。

  16. 二見伸明 より:

    貴方の論理はまさに正論であり、心から敬意を表します。頑張ってください。元衆議院議員 二見伸明。

  17. 埼玉12区のサポーター猫 より:

    埼玉12区では野党共闘がやっと実った翌日に候補者の希望の党に合流がきまり、野党共闘が日の目を見ずに決裂しました。野党共闘が出来れば確実に当選できた候補者が自民党に競り負けるのではないかと危惧しています。民進出身の新人が比例復活は難しいでしょうね。埼玉県は野党共闘によって7選挙区位は取れるのではないかと野党を応援する無党派層の市民が2年間4党を結びつけるため努力をしてまいりました。それが一夜にして覆ってしまい大変がっかりしています。希望の党から立候補して自民党に負け、結果民進党で戦ったほうがまだましという事態になるのではないかと心配しています。

  18. 宍道の海 より:

    地方にいると小池旋風は不愉快なものです。
    東京の人による東京のメディアだけが騒いでいるだけです。
    岡田さんに賛同いたします。
    頑張って下さい。

  19. 高見 紀二 より:

    岡田克哉様
    いつも自分勝手な思い入れでもってコメントを差し上げている「高見 紀二」です。
    今回の衆議院選挙では、「希望の党にも立憲民主党にも属さず、無所属で出馬する」との貴議員の決断には、心の底から賛同申し上げます。
    我が国において、これまで「健全なる2大政党制」を確立する為に努力を積み重ねて来られた「旧民主党・旧民進党」が、今回の衆議院選挙では完全に姿を消す事になるのは極めて残念な事ですが、「野合を繰り返す事で、統一方針すら決められなくなった政党」を一気に掃除する為の大英断だと考えれば、少しは残念な気持ちも薄らぐ思いです。
    既に重要な課題は、「選挙後の政界再編と所属議員の峻別」及び「政権を担うに相応しい政策の確立(明確化)」に移っていると思います。現時点でも「既に腹案はお持ち」とは思いますが、今一度「政権を担える野党第一党の党首(候補)」として貴構想をしっかりとチェックしておいて下さい。期待して応援していますので、宜しく・・・・。

  20. BUSINESS LIBERALISMこと 松崎宣明 より:

    岡田元代表が今回は無所属で立候補されるというご決断をされたこと、拝読いたしました。

    私は、個人的には、岡田元代表にぜひ新しく結成された立憲民主党に加わっていただければと思っておりますが、岡田さんは諸般の事情を全てご勘案の上、今回の決定をされたものと拝察いたします。

    立憲主義、平和主義、民主主義を一貫して力強く訴え、野党共闘を構築されてきた岡田元代表のご尽力に常に感謝しております。

    引き続き、岡田さんを応援しております。

  21. 無責任政治家憂い人 より:

    今回の選挙の立ち位置、安倍一強の打破まさにその通りだと思います。野党の出馬表明している議員の中には党首クラスの方でもよく分かっていない人がいるように思えます。今度の選挙で政権交代を主張している方々です。総理大臣候補を挙げずに政権交代はあり得ないです。一強打破なら無党派層も投票に参加する人は多いです。それが野党の当選者の増加につながります。政権交代も視野に入ってきます。政権打破なら与党はばらまきでも野党けなしはやり放題です。しかし、一強打破なら与党の対応策に限界があります。

  22. 湯浅 志津 より:

    民進党のままの岡田さんですね。私は民主党・民進党の力になりたかった。
    このことは前原さんにも伝えています。
    神津さんにも多くではないですが、伝えました。また、後日連絡します。

  23. 渡辺伸廣 より:

    「今回は無所属で戦います。私は、自民党に対抗する政党は、保守からリベラルまで幅広く取り込んだ存在でなければならないと考えています。」を読まして頂きました。それならば立憲民主党にあなたも参加して戦ったら如何ですか?原理主義者としての名声を失わないでください。わたしは以前の民主党を育てていかなければと言う思いで見守ってきたものです。東京21区のものです。

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP