ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 日韓関係─慰安婦や徴用工の問題に適切に対応し、強固な関係構築を

トピックス

日韓関係─慰安婦や徴用工の問題に適切に対応し、強固な関係構築を

ソウルで開催された「第25回日韓フォーラム」に参加してきました。細川総理の発案で、日韓の有識者がじっくり話し合い、相互理解を深めるために設けられたもので、私も第2回から15回ほど出席しています。

今回は、新しい大統領になって、これからの日韓関係をどう構築していくかということを中心に、活発な議論が行われました。

私は、「北朝鮮や中国との関係がより困難になっていることに加えて、トランプ米大統領が登場したことで、強固な日韓関係の構築は不可欠である。そのためにも、慰安婦問題や徴用工問題への対応は適切に行われなければならない」と発言しました。

会議とは別に、北朝鮮の問題をめぐっては、政権に近い専門家としっかりとした意見交換をすることができました。現状認識や取るべき対応について、一部に伝えられているような大きな違いはないということを実感することができました。

また、食事会の場で、康京和(カン・ギョンファ)外相と初めて意見を交わし、旧知の李洛淵(イ・ナギョン)首相とも朝食をともにする機会があるなど、短かったものの充実した韓国訪問となりました。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP