ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 加計問題─説明できない何かがあるという疑念が募った閉会中審査

トピックス

加計問題─説明できない何かがあるという疑念が募った閉会中審査

国会は閉会中ですが、月曜日に、私の所属する内閣委員会と文部科学委員会の連合審査会が行われました。

前川前文部科学事務次官らを参考人として招致し、加計(かけ)学園の獣医学部新設を国家戦略特区制度に基づき認めたことに関する質疑でした。

前川さんは、覚悟を決めて、明快な答弁をされていました。特に強調されたのは、加計学園に絞り込まれたことについて、不透明だということです。

広域的に獣医学部があれば認められないということで、京都産業大学は、隣の大阪府に獣医学部が存在するために、有資格者ではなくなったのです。これに対して、四国には獣医学部がないということで、加計学園だけが残ったわけです。

しかし、前川さんが強調されたように、四国に獣医学部ができたからといって、必ずしもその卒業生が四国で就職するとは限りません。そして、他の大学の獣医学部を見ても、学生は全国から集まり、そしてまた就職先も全国。すなわち、地域的に限定する合理的な理由は見当たらない。むしろ、奨学金やその他の手段を使って、地域的な偏在を是正し、あるいはペットの獣医師に集中しがちな状況を是正していくべき。それにもかかわらず、広域的に獣医学部が存在しないということが決め手になって、加計学園しかないということになったことへの不自然さが最大の問題である、ということを前川さんが指摘しました。

我が党は、安倍総理自身もきちんと予算委員会等に出てきて答弁すべきだし、政府の和泉総理補佐官と木曽内閣官房参与(当時)も、前川前次官と同時に証人喚問という形で呼んで、前川前次官との食い違いについて、どちらが正しいのか明確にすべきであるという指摘しました。

安倍総理ご自身が、国民に対していつでも説明責任を果たすとおっしゃるのであれば、自民党総裁として、証人喚問を認めれば済む話。結局、説明できない何かがあるのだという疑念が募った、そういった国会審議だったと思います。



コメント
  1. 石川 剛 (ホーニー) より:

    初めまして、石川 剛といいます。
    冒頭で申し上げますが、批判ではなく健全たる国家の利益そして安定的確報の目的として意見させていただきます。
    先ずしておきたいのは、私は海外生まれ育ちであるそして国際視点が豊富って言うことと公平的独立性の上意見する事である。
       指摘内容
    1:国民の観点で見る政治家は、国会や街頭演説、新聞、テレビで相手の批判や中傷は見苦しく哀れな存在である。
       プラス思考では無く成長を妨げるように見えます。
      内閣は国民が選んだ代表であり、国民と胴体である事の自覚あれば、内政批判や中傷は公に及び公になるような
      マスコミの前で口が裂けてもしない故意である。
      海外に見られるような恥さらしは国民に見られると心痛むからです。
    2: 私も二重国籍であった身だから言えるのは、代表は国籍問題の疑いを抱えるにも関わらず国民に納得できる
       事実内容の証拠が提示しないのであれば、議員はともかくとして、党の代表は務めるべきでない。
       第一党になれば、総理大臣に当たる職責だからである。
       古き良き日本への国民からの愛国心が現れた結果が都議選であるし、これからも強くなる。
    3: 党事態は銘柄になっており、国家や国民の為の主幹たる政策が乏しく、どれも偽善っぽい内容に捉える。
       口では誰でも綺麗事は言えるがそもそも、国家っていう言葉はどんな意味であるか理解していない。
       だからこそ野田政権が運営に失敗しているにも関わらず、改善しない事が国民の絶望に繋がっている。
       幾度もの整理破産した会社みたいに名前を入れ替えただけじゃ、信用されない。
       ましては、つようしない一部既存代議士を抱えるとなれば、なお不信感広がる。
        以上 三重県人 としての意見
             岡田 総理 で ありますように頑張って頂きたいと存じます。
                    敬具 石川 剛   

  2. 高瀬智恵子 より:

    国会中継は必ず見てます。加計学園問題点は民進議院の計り知れない誠意努力が感じられて今後は民進党首を早急に政権も握って欲しい

コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP