ホーム > トピックス > 発言・報道 > マスコミ > 「岡田株」上昇 ライブドア事件を機に

トピックス

2006.02.10|マスコミ

「岡田株」上昇 ライブドア事件を機に

昨年の衆院選惨敗で代表を引責辞任した民主党の岡田克也前代表=似顔絵=が、ライブドア事件を機に党内で久々に 脚光を浴びている。岡田氏は衆院選直前に堀江貴文前社長と面会したが「考えが違う」と出馬要請せず、支援した自民党との対比が際立つ形となった。「岡田 株」は上昇の気配だ。

「私は民主党から出せる人ではないと判断した。(堀江前社長の)どこが気に入ったのか」。岡田氏は7日の衆院予算委員会で、堀江人気に乗った自民党の責任を追及。小泉純一郎首相は「小泉はバカだ、と言われれば甘んじて受ける」と答弁した。

衆院選惨敗のあおりで党内の評判は散々だった岡田氏だが、今は一予算委員として淡々と自分の役割をこなす。前原誠司代表に対し「思うようにやればいい」とエールを送るなど、前原氏に批判的な小沢一郎前副代表ら他のベテラン勢とは一線を画す立場を取っている。【須藤孝】




TOP