ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 民主・維新統一会派─巨大与党に対抗するための態勢ができた

トピックス

2015.12.11|TALK-ABOUT [ブログ]

民主・維新統一会派─巨大与党に対抗するための態勢ができた


今日、維新の松野代表と党首会談を開き、正式に次期通常国会から統一会派をスタートさせるということを確認しました。

統一会派というのは、国会の中では1つのかたまりとして活動していくというもので、例えば、各委員会の審議や本会議の代表質問では、民主と維新が同じ党であるかのように質疑する態勢をとるということです。

巨大与党に対抗するために、何とか統一会派を結成したいと思って今日まで来ましたが、基本的な合意を経て、ようやくその態勢ができたことになります。

安倍政権は、1兆円の消費税収を使った複数税率、年金受給者に対する1人3万円、総額3000億円のバラマキなど、なりふり構わず、参議院選挙に向けて節度のない予算編成をしています。


日本の将来を真剣に考える政治が必要です。安倍政権の暴走を止めるために、維新の党と協力しながら、しっかりと論戦を行っていきたいと思います。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP