ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 西川農水相辞任─総理、小渕前経産相も含め、説明責任は変わらぬ

トピックス

2015.02.25|TALK-ABOUT [ブログ]

西川農水相辞任─総理、小渕前経産相も含め、説明責任は変わらぬ


昨日(2月23日)、西川農水大臣がお辞めになって、今日は予算委員会で補充審議が行われています。「補充」という意味は、安倍総理の施政方針演説の中でも、農業が大きな柱となっている。それを担当する大臣が代わったのだから、当然改めて審議をしっかりとすると、こういう観点から行われているのです。

安倍総理は、昨日まで西川前農水大臣のことについて、任命責任やその他も明確には認めていませんでしたが、今日の審議では、任命責任を認め、「国民の皆さんに申し訳ない」という謝罪もされました。これは一歩前進だったと思います。

それにしても、西川さんの疑惑は、これから予算委員会の理事会に、これは秘密会ですが、資料が提出されて、議論されることになっています。


農業水産関係の企業や業界団体からの様々なお金の流れ、そういったことについて、予算委員会の場でも引き続きしっかりと取り組んでいきますし、そして、西川さんご本人も説明責任がある、そういうことを申し上げておきたいと思います。

これだけいろんな疑惑が出てきたのは非常に残念なことで、今後そういうことはないようにしていただきたい。そうでないと、やはり自民党の古い体質は変わってないのではないかと言われても仕方がないのかもしれません。そうならないように、総理も、そして辞められた西川前大臣、あるいは小渕前経産大臣もしっかりと説明責任を果たしていくことが求められていると思います。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP