ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 深海生物ダイオウグソクムシの死―5年以上絶食して頑張ったが…

トピックス

2014.02.23|TALK-ABOUT [ブログ]

深海生物ダイオウグソクムシの死―5年以上絶食して頑張ったが…


私の地元三重県の鳥羽市の鳥羽水族館で飼育されていたダイオウグソクムシという、体長約30センチ、体重約1キロの深海生物が亡くなりました。

三重県の地方版などではよく取り上げられて有名になっていたダイオウグソクムシですが、残念なことに亡くなってしまいました。


なぜ話題を呼んだかというと、5年間、エサを食べていなかったということです。2009年1月、したがって、我々が政権交代する前にアジを1匹食べて以来、5年以上、何も食べずに生きてきたということです。

昨年前半、6キロ体重を落とし、参議院選挙が終わったあと、さらに数キロ落とそうと思いながら4キロ戻してしまった私としては、5年間も何も食べないで頑張ったダイオウグソクムシに対して、心から敬意と哀悼の意を表したいと思います。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP