ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 秘密保護法案―非常に偏った内容、安倍政権の危うさを強く感じる

トピックス

2013.12.04|TALK-ABOUT [ブログ]

秘密保護法案―非常に偏った内容、安倍政権の危うさを強く感じる


特定秘密保護法案の参議院での審議が、非常に強引な国会運営のもとで行われています。

各党が反対するなかで、突然、地方公聴会の日程を設定したり、普通では考えられないようなことが起きています。

この会期中に何が何でも成立させると、審議はそのためのいわば「お飾り」にすぎないとさえ見えてきます。

我が党の福山哲郎議員や芝博一議員などの参議院議員の皆さんに非常に頑張ってもらっていますが、圧倒的多数の与党と強引な運営の前に、このまま押し切られてしまうのではないか、強行採決が会期内に行われるのではないか、ということを強く懸念せざるを得ません。


この法案の中身の問題点については、いままで申し上げてきたとおりです。安倍総理は、その後の国会の議論などで、修正や運用の変更で問題が改善されたと言っていますが、基本的なことはやはり法律にきちんと書かなければなりません。

そもそも、私はこの法案を見たときに、よく出てきたなと思いました。例えば、この法案は情報を取り扱うセクションの人たちが中心になって作ったものだと思いますが、一方で、公文書管理や情報公開のセクションの人たちの意見にもきちんと耳を傾けていれば、こんな偏った内容にはなるはずがないと思います。

そういった一部のセクションの考え方だけで、行け行けどんどんで行ってしまうところに、私は安倍政権の危うさを強く感じます。

安倍総理や閣僚が合意すれば、それに対してなかなか物が言えない雰囲気が、政府全体の中にあるのではないかと心配しています。

これは、集団的自衛権の問題や、その他の政府の中にもいろいろな議論がある問題について、十分な議論や深い検討がないままに、粗い法案が国会に出てきてしまうのではないか、ということを大変心配しています。

いずれにしても、残すところ会期末まで2日間になりました。何とかしのいで、もう一度腰を据えて議論し、法案を出し直して議論していくことを目指して、党が一丸となって頑張らなければいけないと思っています。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP