ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > オープンガバメント―有志の現職・前職議員で勉強会をスタート

トピックス

2013.11.14|TALK-ABOUT [ブログ]

オープンガバメント―有志の現職・前職議員で勉強会をスタート


昨日(13日)、私が主催する「オープンガバメント勉強会」というのをスタートさせました。

これは、政治や行政の流れをオープンにすることで、国民の政治参加や行政に対する関心を高めるというものです。

アメリカではオバマ大統領が積極的に取り組んでいる他、各国でいろいろな試みが始まっています。

私は、民主党政権の1つの成果として、事業仕分けやそこから派生した行政事業レビュー、つまり、国の6000の事業すべてについて、内容、予算額、使い道まで含めて、各省庁のホームページですべて分かるようになっています。現在もこれは続いていますが、こういうことが、国民の政治や行政に対する関与・関心、あるいはチェックを深めていくことになります。

このオープンガバメントをさらに前に進めていきたいと常々思っていましたが、たまたま、ある会合でお会いした前議員の江端貴子さんが同様の問題意識を持っておられて、「それなら勉強会を立ち上げよう」ということになり、現職の議員と前職の議員10数名でこの勉強会を立ち上げました。

具体的な内容について、これから折々に触れてお話ししていきたいと思いますが、私は、民主党にとって、オープンガバメントは1つの大きな政策の柱になる非常に重要な問題だと考えています。

いままで民主党政権の中で、このオープンガバメントに関してどういうことに取り組んできたか、あるいは、私自身がどう取り組んできたかということは、次回報告したいと思います。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP