ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 「李香蘭」―戦争の悲惨さや日中関係への強い思いが伝わる異色作

トピックス

2013.09.26|TALK-ABOUT [ブログ]

「李香蘭」―戦争の悲惨さや日中関係への強い思いが伝わる異色作


久しぶりに休みが取れたので、劇団四季のミュージカル「李香蘭」を妻と一緒に観に行きました。数年前に上演されましたが、今回1カ月という期間を限って東京で公演が行われました。

このミュージカルでまず驚いたのは、決して安くない料金にもかかわらず、満席で多くの人が観に来ていたことです。

そして中身は、李香蘭という戦前戦後を通じてのスターの生き様、特に戦前の中国での活躍やその後の敗戦時の厳しい状況を描きながら、戦争の悲惨さ、そして、日中双方の国民がいかにその戦争によって厳しい状況に直面したかということを描いたものです。


ミュージカルですが、決して楽しいというものではなく、戦争の悲惨さや厳しさ、同時に日本と中国がお互いより良い関係を築いていってもらいたいという浅利慶太さんの強い思いが伝わってくる、異色の作だと思います。ちょっと重い気持ちになりました。

しかし、この時期にあえて「李香蘭」をリバイバルされたのは、現在の日中関係に対する浅利慶太さんの非常に強い危機感、そして、我々政治家はもちろんですが、国民の皆さんに広く戦争の悲惨さや日中関係の重要さというものを考えてもらいたいという強い思いが伝わってくるミュージカルだったと思います。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP