ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 靖国神社参拝―安倍政権の傲慢さが現れた外交的失態

トピックス

2013.04.25|TALK-ABOUT [ブログ]

靖国神社参拝―安倍政権の傲慢さが現れた外交的失態


予定されていた日韓外相会談が延期になりました。

韓国側は、麻生副総理が靖国神社に参拝したということを、理由として挙げています。

靖国参拝については、いろいろな議論があります。私は、閣僚である限り、A級戦犯が合祀されている靖国神社に参拝すべきではないという立場ですが、そこはいろいろな議論の幅があると思います。

しかし、北朝鮮が非常に挑発的な発言をしたり、尖閣を巡って中国とつばぜり合いになっているなかで、韓国との関係は非常に大事になってきます。国益に大きく関わる問題です。

安倍政権としては、副総理参拝が、そういったことに及ぼす影響というものをどう考えていたのか。私は外交的な失態だと思います。


中国も、副総理の靖国参拝について発言しています。日中の間には尖閣という問題はあります。ここは日本も譲れない一線ですが、他方で両国間の様々な障害や問題をなるべく取り除いていくという努力が双方に求められています。

そういうなかで、副総理による参拝を総理も容認したということは、日中関係改善のためにも私は決して望ましいことではないと思います。

安倍総理は、総理就任以降、これまで慎重に外交に取り組んでこられました。

例えば、慰安婦の問題や尖閣の問題で、総理就任前に発言していた、「尖閣に公務員を常駐させる」などといったことについては、いまや慎重に対応するようになっています。しかし、今回のことは、ある意味、安倍政権の傲慢さが現れたものだと思います。

日本の国益というものをしっかりと考えて判断すべきではなかったかと思います。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP