ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 地元活動―町・字での組織固めと三重県全体の足元固めに走り回る

トピックス

2013.01.30|TALK-ABOUT [ブログ]

地元活動―町・字での組織固めと三重県全体の足元固めに走り回る

週末は当面、地元を中心に活動をするということは申し上げたと思いますが、まさしくいま、それに力を入れています。

私の選挙区においては、1日使える日には、幹事会を10回以上を目安に開いています。これは、事務所のスタッフもかなり大変なのですが、私の選挙区の中で、「町」や「字(あざ)」は、ざくっと言って500ぐらいあります。

その中の150ぐらいに、その字を代表する代表幹事、あるいは副代表幹事、幹事の皆さんがいて、いざというときには、その字の中に大体くまなく声をかけていただける。そういった後援会組織がきちっとできている字や町は150程度。
一部組織があるが、少し時間が経ち、高齢化していたり、人の全体数が少なかったりいうことで、補強しなければいけないという地域が150。

残りの200程度は、例えば新興団地や桑名市・四日市の街中であったりして、人のつながりが必ずしも濃くない。したがって、そういった後援会と呼ばれる組織というものが十分にできていない、あるいはない。そういう地域が残りの200。大体ざくっと言うとそういう感じになっています。

私はまず、後援会のある地域と、後援会の補強が必要な地域の合計300の地域について、公民館や代表幹事のご自宅に集まっていただき、選挙のお礼も申し上げ、少し懇談しながらお互い交流するということを、いま順次スタートさせているところです。

5月いっぱいぐらいを目途に、なんとか一通り300地域についてやりたいと思いますが、果たしてそこまで順調にいけるかどうかは明らかではありません。

とにかく、まずそういった自分の選挙区では組織固め。そして、それ以外にも、参議院の選対本部長として、中井洽先生がご引退された1区は、私が暫時支部長を務めることになりました。

そして、森本哲生さんが苦戦された4区や藤田大助さんが落選された5区も含めて回っていって、三重県全体をしっかりと固めていきたいと思っているところです。

7月には参議院選挙があるということで、それまでの間、まずは足元を固め、そして三重県全体に展開し、何とか参議院選挙で議席をしっかりと維持したいと考えているところです。そのために、いま走り回っているところです。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP