ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 鹿児島3区補選―希望の見える負け方、民主への信頼は取り戻せる

トピックス

2012.10.29|TALK-ABOUT [ブログ]

鹿児島3区補選―希望の見える負け方、民主への信頼は取り戻せる

日曜日(28日)投票の鹿児島3区の補選。突然お亡くなりになった松下大臣の後を受けての補選でした。残念ながら及びませんでしたが、5600票差まで迫ったというのは、非常に大きなことだと思います。

元々保守地盤の厚いところで、国民新党公認、民主党推薦という形で、全力で戦わせていただきました。もちろん、負けは負け。しかし、希望の見える負け方だったと思います。

私も半日入って、3会場で応援させていただきましたが、野間さんは敗れたものの、非常にいい候補者ですから、「近いうちに」行われる総選挙において、今度こそはしっかりと勝利をしていただけると期待しています。
もう1つ感じたことは、安倍さんが総裁になって安倍自民党がスタートしましたが、私は、その風というものは全く感じなかった選挙だったと思います。

そういう意味で、しっかりと民主党の主張を前面に出して戦っていく、あるいは訴えていくなかで、民主党に対する信頼というものは十分に戻り得るということを感じました。

石原都知事が辞任して、そして新党結成ということを発表されました。石原さんにしても、あるいは大阪の橋下さんにしても、そして安倍さんにしても、それぞれ右・左で言えば右のウィングといった特徴があります。

今度の選挙の1つの争点というのは、中道リベラル勢力を中心に結集した民主党か、それとも、保守は保守でも相当右の保守がリーダーシップをとる自民党、石原新党、あるいは維新の会。こういったことで、日本の将来どちらの路線が望ましいのかということが、1つの大きな争点として浮かび上がりつつあると思っています。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP