ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 北海道対話集会―国民の皆さんの理解を実感し、地元海鮮丼に感動

トピックス

2012.07.25|TALK-ABOUT [ブログ]

北海道対話集会―国民の皆さんの理解を実感し、地元海鮮丼に感動


先週の週末(21日)は地元に1日戻り、翌日(22日)は北海道に行ってきました。社会保障・税一体改革の「明日の安心」対話集会ということです。

函館に飛行機で入り、そこから札幌の丘珠空港に飛んで、札幌経由で千歳から飛んで帰ってきました。

函館も小樽も観光地としては非常に有名ですが、残念ながらそれを楽しむ余地はなく、しかし、それぞれの会場では、非常にいいご意見もたくさんいただいて、有意義な意見交換会が行われたと思います。

いつか申し上げたか分かりませんが、「絶対反対」という声は次第に小さくなり、いろいろと制度の中身についてのご質問やご意見をいただくことが増えてきたと思います。

もちろん、厳しい意見も依然としてあるわけですが、やはりここは必要だと、社会保障制度を持続可能にし、財政をしっかりと立て直しいくために、消費税の税率の引き上げは必要だという声が、次第に増えてきたのかなと思います。

国民の皆さんの多くは、理解していただいている、分かっていただいていると実感しています。

もちろん、「転嫁対策、低所得者対策、行政改革をしっかりとやるべきだ」、「議員の身を切れ」など、色々なご意見をいただきますので、それぞれについて、しっかりと前に進めていかなければいけないと思っています。

旅の楽しみが全然ないなかで、昼食は函館空港で海鮮丼を食べました。これがなかなかのもので、やはり地元で獲れた海産物がぎっしり詰まった海鮮丼は非常に美味しいなと、感動した次第です。

ついでに羊羹(ようかん)を空港で買って、しばらくこれで私のおやつの羊羹がそろったなと思っています。

帰りの飛行機は、多くの観光客で賑わっていまして、売店も随分人が多かったのですが、私は必ず千歳空港に来るとロイズのチョコレートを買うことにしており、私の仕事場の皆さんのお土産にチョコレートを買って帰りました。

もう少し余裕があるといいなと。いろいろとお話をしたり、あるいは、せっかく北海道に行った以上、いろいろなものを見る機会があればいいなと思いながら、残念ながら、日帰りの旅になってしまいました。

次回はもう少し、ゆっくりできればと期待しています。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP