ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > おやつの話―羊羹(ようかん)食べて疲労回復

トピックス

2012.07.20|TALK-ABOUT [ブログ]

おやつの話―羊羹(ようかん)食べて疲労回復

6a012875742179970c01761694589997_2
今日はちょっと違う話で、私のおやつの話をしたいと思います。 私が甘党だということは、ご存じの方も多いと思います。お酒は全く飲みませんが、甘いものには目がありません。ただし、ケーキなどはカロリーが多いですから、最近はなるべく我慢するようにしています。 それに代わって、いま私の楽しみは、羊羹(ようかん)を食べることです。
昼の食事は、これはいつか申し上げたと思いますが、特別のジュースを飲んで、それで昼食に代えるという生活を民主党代表時代(2004~05年)から、もうずいぶん長く続けています。 もちろん、昼食会など入るときは別ですが、それ以外は、粉を溶いてジュースを作ってもらって、それを5秒ぐらいで飲んでしまって終わりということです。 カロリーが低く、栄養のバランスの取れたジュースなのですが、どうしても夕方になると少しお腹が空く。そういうときに楽しみにしているのが羊羹です。 ほぼ毎日、ちょっと薄めに切ってもらいますが、2切れ食べるということを続けていまして、東京で買った羊羹もありますし、あるいは週末に対話集会に行ったときに、空港でご当地の羊羹を買うこともあります。 この前、香川・徳島に行ったときは、鳴門金時の羊羹を、これは買ったのではなくて実はもらったのですが、それを食べたりして楽しんでいます。 羊羹も結構カロリーが高いので、気をつけなければと思いながら、疲労回復には甘いものは非常にいいということを、改めて実感しています。 ※ブログの動画版はこちら


コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP