ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 内閣改造―手堅い布陣、パワーアップし、しっかり仕事を

トピックス

2012.06.05|TALK-ABOUT [ブログ]

内閣改造―手堅い布陣、パワーアップし、しっかり仕事を

6a012875742179970c0168ec16613f97_2


いよいよ新しい野田政権がスタートしました。内閣改造を月曜(4日)の晩に行ったところです。

いろいろな理由があって、5人の閣僚を交代させるということになったわけですが、非常に手堅い布陣ではないかと思います。専門家の方々を中心に、今までしっかりと仕事をしてきていただいた副大臣や副大臣経験者を大臣にするなど、非常にいい形での新しい内閣のスタートになったのではないかと思います。

もちろん、今までの閣僚の前田武志さん、田中直紀さん、小川敏夫さん、そういった方々は、一生懸命立派な仕事をされたと思いますけれども、今回、フレッシュなメンバーに代わってパワーアップし、しっかりと仕事をしていかなければいけないと、改めて感じているところです。


このことと直接関係ありませんが、並行して、社会保障・税一体改革についての与野党の協議を、今週はしっかりと進めていかなければいけないと思います。

中身について各党と議論をし、もちろん各党の声にも耳を傾けて、何とか合意に達したいと思っているところです。

例によって、「いつ採決するのか」ということに関心が集まりがちですが、採決するかどうかというのは、まとまらなければ出来ないわけです。しっかりと議論してまとめるということに、全力を挙げたいと思います。

もちろん、野田総理も言われているように、この国会の会期内で、きちんと衆議院は可決させるということですから、逆算すると時間はあまりないわけです。そういう意味でも、しっかりとした協議を急いで行うということが必要だと思います。

党内にもいろいろな意見はありますし、各党との協議も生易しいものではない、非常に厳しいものだと思います。これは、党を中心に、各党間としっかりと話し合っていく。あるいは民主党の中で議論を集約していく。そのことに執行部の皆さんに汗をかいていただかなければなりません。

大変ご苦労多いことだと思いますが、私も閣僚として、側面から後押ししていきたいと感じているところです。※ブログの動画版はこちら

※野田第二次改造内閣の閣僚名簿はこちら(首相官邸HP)



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP