ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 野田新代表-国民の生活のため、泥臭く頑張ってほしい

トピックス

2011.08.29|TALK-ABOUT [ブログ]

野田新代表-国民の生活のため、泥臭く頑張ってほしい

6a012875742179970c015434ed341f97_2


民主党の代表選挙が先ほど行われて、野田佳彦さんが新代表に選ばれました。第1回目の投票では、海江田さんが143票、野田さんが102票、前原さんが74票、鹿野さんが52票、馬淵さんが24票でした。

当初、野田さんが100票を超えるのはなかなか難しいかなと私は思っていましたが、これを何とか超えることができたことで、2回目に215票という大量得票につながりました。

1回目で前原さん、鹿野さん、馬淵さんに入れた方の多くが、2回目で野田さんに投票していただいたことになります。大変厳しい選挙でしたが、この間、一生懸命に頑張っていただいた仲間の皆さんに、心からお礼を申し上げたいと思います。

この選挙は、順調なようで実はそうではありませんでした。一時、野田さんが、財務大臣として円高や予算などを抱えていることもあって、代表選挙の陣頭指揮を執ることができず、そういう中でやや停滞感がありました。前原さんが出馬を決められたのも、大きな衝撃になりました。

野田選対の中には、この際撤退すべきであるとか、何とか一本化工作ができないかという声も上がりました。

私は、「前原さんが出ると決められた以上、あとは投票で決着をつけるしかない。そして、勝ったほうが決勝投票に行き、そこで勝利を目指すしかない。総理になると一旦決めた以上、多少のことで動揺してはいけない。とことん頑張るに尽きる」と申し上げました。

若い先生方が、本当に一生懸命に支持を増やしてくださって、素晴らしい結果を残せたことを、本当に嬉しく思っています。

野田さんも、決選投票のときに言われましたが、この選挙は、単なる民主党の代表を選ぶ選挙ではなくて、実質的に日本国総理大臣を選ぶ選挙です。そして、本来であれば、1億2500万人の国民1人ひとりが投票する権利があります。それを、民主党代表選挙ということで、398人の民主党所属の国会議員だけが、今回、投票権を得たということです。

「1億2500万人の国民1人ひとりの生活、家族、そして、平和といったことをしっかりと踏まえて投票すべきである」と私は申し上げましたが、最終的に、200票を超える大量得票になったことは、民主党の議員の皆さん1人ひとりがしっかり考えた結果だと思っています。

これを受けて、新しい執行部が間もなくスタートします。国会はまだ続いており、特に、明日(30日)は首班指名があり、総理大臣が指名されることが予想されているので、後任の幹事長が正式に決まるまでの間は、それが順調に行われるように、安住淳国対委員長とも協力しながら、しっかりと協議していきたいと思います。

いずれにしても、新しい野田総理に対しては、しっかりと国民の生活を守るため、日本の平和を守るために、泥臭く頑張ってくれることを期待したいと思います。

いかなる立場であっても、私も全力でそれをしっかりと支えていきたいと思っています。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP