ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 復旧・復興予算とマニフェスト-発言を正しく報じてほしい

トピックス

2011.03.18|TALK-ABOUT [ブログ]

復旧・復興予算とマニフェスト-発言を正しく報じてほしい


マニフェストと今回の震災に備えての補正予算との関係で、私の発言がいろいろと報じられています。正確ではない報道も多いので、少し説明しておきたいと思います。

私が申し上げていることは、これから来年度の補正予算を組んで、今回の震災から東北地方が回復していくための大型補正が必要になり、単に借金を増やして対策を組むだけでは十分ではなく、いまの予算のなかで、不要不急なものを探し出して、その財源を復旧・復興対策に充てていくことが必要ではないかというものです。

不要不急の予算をひねり出すことは毎年やっていることですが、それより根本的にやらなければいけません。そして、その一環として、例えば子ども手当や高速道路無料化についてもタブーではなくて、根本的に議論しなければいけないと考えています。

子ども手当については、少なくとも我々は(6カ月の)つなぎ法案を出す予定ですが、当初考えていた1歳から3歳までは2万円にするという案を、いままでと同様の1万3000円にとどめるように提案しています。その結果として、2000億円くらいのお金が浮いてくる勘定になります。

これを現物給付に充てる案、つまりお金ではなくて、保育所や学童保育などの施設の整備に充てるべきだといまは考えていますが、それを全国ではなくて、東北地方に集中的に使っていってはどうかも考えられていることも申し上げた次第です。

高速道路にしても、実験のための予算が1000億円計上されていますが、そういったことに引き続き全額使っていくべきなのか、それとも東北地方の高速道路を補修するために一部流用していくべきなのか、という議論は必要だと思っています。

私が、「高速道路無料化をやめるべきだ」と言ったと報じている新聞などがありますが、もちろんそうではありません。高速道路無料化というのは、その1000億円以外にも、すでに基金として積まれたものを使って、どこまで走っても1000円というのをやっているので、私が無料化を全部やめると言ったわけではないということは、はっきり申し上げておきたいと思います。

しかし、こういった予想しない大地震が起きて、その復旧・復興のために大きなお金が必要であるとすれば、大分いままでとは発想を変えて、もう一度来年度予算が成立したところで、各党とも協議しながら、大胆な見直しをしていかなければならないと考えているところです。

そして、そのことは、私は有権者の皆さんのご理解がいただけるのではないかと思っています。

最後に繰り返しますが、子ども手当とか高速道路無料化をやめろと言っているわけではありません。そのことを、もう一度繰り返しておきたいと思います。

※ブログの動画版はこちら 



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP