ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 外相の仕事─外交政策の決定、外相会談、国際会議など様々

トピックス

2010.07.06|TALK-ABOUT [ブログ]

外相の仕事─外交政策の決定、外相会談、国際会議など様々

6a012875742179970c0133f217270697_2


参議院選挙もいよいよあと1週間となりました。私も外務大臣の仕事の合間を縫って全国を回っていまして、週末(7月3日、4日)も九州5県を回ってきました。

選挙の話は、この場でするのは(公職選挙法上)適当ではないと思いますので、今日は、私のブログを読んでいただいた高校3年生のゆうさんからの質問にお答えしたいと思います。

ゆうさんからは、「大臣の仕事の内容が、授業で学んでもよくわからない」というご質問をいただきました。

なかなか外務大臣の仕事を一言で言うのは難しいのですが、結局これは、外務省が何をやっているのかを答えるのに等しいのかもしれません。少し分かりやすくお話をしてみたいと思います。

まず、外務大臣は外務省のトップですから、外務省として重要な政策を決定するための、最終的な決定権者です。

例えば、最近であればイランの核開発疑惑に対して、国連安全保障理事会で制裁の決議をしました。それに、日本としてどう対応するのか、あるいは、議論をどうリードするかについて、国連の現場で大使がいろいろと交渉しますが、そういった報告を受けながら、日本としての対応を決定していきます。外務省の中にはそれぞれ担当の課や局があって、いろいろな考え方を示しますが、最終的に決めるのは大臣です。

あるいは、情報公開。過去にあった資料で30年経ったものについて、文書の公開を行いますが、個人のプライバシーや国の安全に関わるものなど、なかには公開できないものもあるかもしれません。最終的に文書を公開するかしないかを決裁する、つまり、決めるのも大臣です。

そういった具体的な政策の最終決定が、大臣の仕事になります。

そして、もちろん外務大臣として、外務省の職員全体の人事や予算といったことも決定しなければなりません。例えば、先般外務省内でいろいろと議論をしていただき、女性職員が働きやすい職場を作っていくために、外務省として取り組まなければいけない様々なご指摘をいただきました。

そういったことについてもしっかりと努めていくことも、大臣のもとで関係の課や局が取り組んでいくことになります。つまり、外務省の職員が、しっかりと力を発揮して仕事に取り組むことができる環境を作っていくことも、大臣の重要な仕事だと思います。

それから、これは外務大臣にかなり特徴的な仕事かと思いますが、外国に行くことがあります。やはり、直接会って話をすることは非常に重要です。あるいは、国際会議に出席することもあります。

参議院選挙が終わると、アフガニスタンのカブールで世界中から主要な国の外務大臣が集まって、アフガニスタンの復興支援のための会議を開催する予定になっています。

そのあと、ベトナムでASEAN(東南アジア諸国連合)の国々の外務大臣が集まり、そこに日本の外務大臣としても参加して、そして、ASEANの外相との間で会議を行うことになっています。

そういった様々な会議に出席をすること、あるいは、外国へ行ってその国の外務大臣、首相や大統領に会うことも外務大臣の重要な仕事です。

例えば、先般韓国に行って、柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商長官だけではなくて、李明博(イ・ミョンバク)大統領ともお会いをして、様々な意見交換をしました。そういったことも重要な仕事の1つです。

合わせて、日本にもたくさんの外務大臣がお見えになり、そういった外務大臣と会談をすることも非常に重要です。

実は、今日(7月5日)、メキシコのエスピノサ外務大臣が日本に来られています。今日の夕方から夜にかけて、おそらく45分くらいかけて、日墨(メキシコ)外相会談を行い、そのあと、夜の食事をともにしながら、なお会議を続けることにしています。

ちなみに、エスピノサ外務大臣とは、私が外務大臣になってから、この10カ月で4回会談をしています。やはり、3回、4回となってきますと、お互いの考え方も良く理解でき、個人的にも親しくなってくるので、より信頼関係に基づいた議論がしやすくなります。

私が4回会っている外務大臣は何人かいますが、5回会っている外務大臣は3人います。アメリカのクリントン国務長官、中国の楊潔篪(ヨウ・ケツチ)外交部長、そして、韓国の柳明桓外交通商長官です。

この3人の外務大臣とは、5回会って、それぞれ30分から1時間くらいの会談を行っています。そういう形で、なるべく多くの外務大臣と会う。ある程度会うと、電話でも意思疎通ができるようになります。

実は、今日、私はトルコのダーヴトオール外務大臣と電話で話をすることになっていますが、お互い親しくなると、電話で済ませることも可能になります。

そういった会談をしながら、2国間の問題や、気候変動や核軍縮・不拡散の問題、アフリカの貧困といった、人類共通のよりグローバルな様々な問題についても議論できるようになります。

他にも外務大臣の仕事はいろいろありますが、ざっと言うとこんな感じです。

少しは、外務大臣の仕事についてイメージを持っていただけたでしょうか。何か役に立てたとすれば、大変幸せです。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP