ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > アフリカ訪問(3)―現場に行って初めて見えるものがある

トピックス

2010.05.11|TALK-ABOUT [ブログ]

アフリカ訪問(3)―現場に行って初めて見えるものがある

6a012875742179970c0133ed7895c397_2


今日は、アフリカの第3弾。現場の話をしたいと思います。

今回、いくつかの現場を見ることができました。そのお話をします。

まず、第1に行きましたのが、タンザニアの蚊帳工場です。蚊帳は、日本古来のもので、私も子どもの時に、田舎の祖母の家に行くと蚊帳が吊ってあったことを思い出しますが、蚊帳の糸に殺虫剤の成分を練り込んで、マラリアを持った蚊が近づいて触ると死んでしまいます。

住友化学が開発をして、タンザニアの地元の企業と一緒に作っています。これが非常に効果があって、マラリアによる死亡――特に5歳以下の子どもの死亡が多いのですが――が半分になったという国がいくつか出てきました。

これは、この蚊帳を大量に配っている成果が出てきたわけです。同時に、そういった素晴らしい技術を日本の企業が提供しているというだけではなくて、このタンザニアの蚊帳工場では、合わせて6000名の雇用を作り出しています。
6a012875742179970c0133ed78970e97_2
私も工場を訪れましたが、それまで農村で働いていた主婦や若い人たちが、本当にきびきびと働いていました。ここまで持っていくのは大変だったと思いますが、1つの非常に顕著な成功事例を見ることができたと思います。

作っているものもアフリカの皆さんの命を救うものであり、そして、同時に大きな雇用を生み出しているという意味で、大変素晴らしい成果だと思います。

住友化学の米倉会長には、TICADIV(第4回アフリカ開発会議)閣僚級フォローアップ会合の場にも来ていただき、演説もしていただきました。

いずれにしても、私は、日本の企業が頑張っている姿を嬉しく思いました。

次に行ったのが、農業開発を行っているローアモシ灌漑地区及びキリマンジャロ農業技術者訓練センターです。30年かけて、灌漑をしっかりと整備をして、米作りについてもJICAの職員などが行って指導をして、以前と比べると、いまや2倍から2.5倍くらい、生産性が上がるようになったとのことです。

素晴らしい稲の田んぼが、ずっと続いていたのは壮観でしたが、日本の地道な援助の結果として、こういうものができた。そして、今や、タンザニア全体、そしてアフリカ全体に米作りを広げていくモデルにもなっています。

これも非常に成功事例ですが、そういう場所を視察しました。

そして、タンザニアの首都ダルエスサラームでは、ムヒンビリ国立病院と孤児院を見る機会がありました。
6a012875742179970c013480ac1bbe97_2
国立病院は、小児病棟などを見ました。日本の援助もかなり入っていますが、結局、医療施設が十分でなく、医者や看護師の数も十分でないということで、多くの赤ちゃんたちが亡くなっています。

もちろん、これはタンザニアで一番良い国立病院だったのですが、1つの保育器の中に2人の赤ちゃんが入れられているのはまだマシなほうで、3人がぎゅうぎゅうに押し込められています。しかし、そうしないと保育器が足りない、という厳しい現実を見ることができました。

あわせて、オロフ・パルメ孤児教育センターという孤児院を訪れました。タンザニアでも、いまエイズによって両親を亡くした子どもたちがたくさんいます。そういう中で、NGOが女の子を集めて孤児院をやっており、日本の「草の根無償資金協力」で、800万円ほどですが支援をしています。

孤児たちは、両親が亡くなったあと、ほとんど身寄りが完全になくなり、農園などでタダ働きに近い状態で働かされたり、ストリートチルドレンになったりしています。そういう子たちを集めてきて、大体11歳くらいから20歳くらいの女の子に、中等教育を行っています。そして、寄宿舎生活で生活指導をしているという孤児院でした。

日本政府としては、敷地の中に水がなかったので、井戸を掘って飲料水を確保したり、そして、これは代表の女の子が言ってくれましたが、日本政府が木の3段ベッドを寄付しました。「いままでは、1つのベッドに2人が寝なければいけなかったが、3段ベッドを寄付してもらったことで、1人が1つのベッドで寝ることができるようになった。非常に感謝している」という挨拶がありました。

金額は多くありませんが、日本政府も草の根で非常に良いことをやっているなと改めて感じました。

いずれにしても、現場に行くとそれぞれいろいろなことが見えてきます。大統領や大臣と話しているだけでは見えてこないものが見えてくることを、今日は申し上げておきたいと思います。

※ブログの動画版はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP