ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 初の著書『政権交代~この国を変える』(講談社)を出版

トピックス

2008.06.18|TALK-ABOUT [ブログ]

初の著書『政権交代~この国を変える』(講談社)を出版

book080618_3


今日は本日6月18日に発売になる、私の初めての著書についてお話をしたいと思います。

この『政権交代~この国を変える』(講談社)という本、これは私がこの半年くらい時間をかけて書いてきたものです。中身は私が政治家を志して以降、約18年間あるいは20年間の歩みを書きながら、その折々の私の思いを綴ったものです。

同時に、政権交代をなぜしなければいけないのか、政権交代をしたときに何が起こるのか、そういったことについて書かせていただきました。


ちょうどこの本が発売になる6月18日は、15年前のその日、宮沢内閣不信任案に私も含めて当時の自民党の議員の一部が賛成票を投じて、そして解散・総選挙、細川政権の樹立と大きく日本の政治が動き、非常に短い期間ではありましたが、細川政権、羽田政権という政権交代が実現しました。それが15年前の宮沢内閣不信任案の可決に端を発する一連の出来事の始まりでした。

このときの私あるいは多くの政治改革に携わった議員の思い、そして、政権交代ができたことで何が起こったのか、なぜ政権交代は長く続かなかったのか。そういったことについて、率直に書かせていただきました。

多くの国民の皆さんに是非お読みいただいて、次なる総選挙における政権交代を目指して私も一生懸命に頑張っていきたいと思いますが、国民の皆さんに政権交代の必要性を理解していただく、その一助になれば大変ありがたいと思います。

ちょっと高い本です。講談社、1500円(税込)ですが、是非お買い求めいただければ大変嬉しいことだと思います。

いままでの政治家本とはだいぶ違う趣で、私の渾身の力を込めて書かせていただきましたので、よろしくお願いしたいと思います。

--------------------------

◆著書『政権交代~この国を変える』(講談社)刊行のお知らせ

○発売日:2008年6月18日(水)
○価  格:1,500円(税込)
※詳細はこちら



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP