ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > スウェーデン環境大臣との会談

トピックス

2008.04.23|TALK-ABOUT [ブログ]

スウェーデン環境大臣との会談

sweden


先日、スウェーデンの環境大臣カールグレーンさんとお話をする機会がありました。

カールグレーンさんは私より少し年齢的には若い、将来を非常に期待された政治家です。

温暖化問題について意見交換したいということでお話をしたわけですが、その後、党の温暖化対策本部にもご出席をいただき、多くの議員と活発な意見交換をしました。


私がスウェーデンが非常に興味深いと思うのは、まず、経済成長と温暖化ガスの削減を両立してきた先駆的な国であるということです。

そして、すでに再生可能エネルギーの割合が40%、その大きな部分がバイオマスエネルギーということですが、そういったことを実践している。ある意味で、世界が目指すべき1つの方向性を先行的に示しているということが言えるかと思います。

具体的にバイオマスといっても、どうやって発電あるいは温水の供給、暖房ということになるのですが、やっているのか大変興味がありました。

大臣の説明は、スウェーデンでは紙を作るパルプ産業も盛んであり、その過程で出てくる様々な木材、バイオマスエネルギーをそういったことに活用しているというお話でした。

それだけではおそらく十分な量は確保できないと思いますので、もう少し私なりに勉強してみなければいけないなと感じました。しかし、炭素に頼らない再生可能エネルギーで40%というのは、非常に注目すべき国ではないかと思っています。

もう1つ、スウェーデンは、私が経済産業省に勤めていた折には、原子力発電に対する非常に厳しい態度、将来的に廃止するという考え方だったと思います。その考え方は大分変わりました。

どんどん造っていこうということではありませんが、原子力発電を将来的に全廃するというような考え方にはいまはすでに立っていないということも改めて確認できました。

いずれにしても、ヨーロッパの国々の取り組みというのは、非常に注目すべきだと考えています。

連休の後半には、温暖化対策本部の福山哲郎事務総長とともにドイツに行くことになっています。ドイツで5日間ほど、ドイツを中心としたEU(欧州連合)の温暖化対策の取り組みをしっかりとこの目で見てきたい、そして意見交換をしてきたいと考えています。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP