ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 党温暖化対策本部――岩手県葛巻の自然エネルギーを視察

トピックス

2008.03.12|TALK-ABOUT [ブログ]

党温暖化対策本部――岩手県葛巻の自然エネルギーを視察

kuzumaki_01


日曜日(9日)に岩手の葛巻に行ってきました。民主党地球温暖化対策本部の初めての視察で、岩手県連の皆さんも含めて、国会議員9名が参加しました。

葛巻というのは、中心は中山間地域の酪農で、それを町主体の第3セクターでやっていて、しかもそれがうまくいっているという、そういう意味で非常に注目を集めている町です。


町長の鈴木さんは、町長に選ばれるまでは畜産関係の第3セクターの責任者をやっておられた方です。

その畜産だけではなくて、町のキャッチフレーズによれば、「ミルクとワインとクリーンエネルギーの町」ということで、ミルクはもちろん酪農ですが、同時にワインも作っている。ワインは地元でできる山葡萄を使ったワインです。

kuzumaki_03_2
そして、クリーンエネルギー。牧場にも風車が並び、ペレットストーブあるいは家畜の糞尿によるバイオガス発電、そういった様々な試みをやっている注目すべき町です。

町長さんには、日曜日にもかかわらず、一日一緒にお付き合いいただいて、様々なご説明もいただきました。町長さん自身が、いわばセールスマンのように、大変情熱を持って町づくりを語ってくれました。

中山間地域の中で、自然エネルギーや地域の特徴を活かした酪農やワインづくりなど、活性化の1つのモデルケースだと思います。

今回は温暖化対策本部ということで行きましたが、特にバイオあるいは風力、太陽光といった自然エネルギーを活用して町づくりにつなげていく。そういった意味で、大変参考になったモデルケースだと思います。

kuzumaki_02
地球温暖化対策本部の視察はこれからも時機を見て、まず現場を見るところから始まるという私のモットーに従って、あちこち足を運びたいと思います。

是非「こういったものは見るべきだ」という場所がありましたら、教えていただけるとありがたいと思います。

岩手県葛巻町ホームページ



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP