ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 北京五輪―期待される三重の女性陣、我々男も発憤せねば

トピックス

2008.03.11|TALK-ABOUT [ブログ]

北京五輪―期待される三重の女性陣、我々男も発憤せねば


昨日、マラソンのオリンピック代表が発表されました。

特に女子マラソンは期待されていますが、その中でトップで選ばれたのは、もちろん4年前に金メダルを取った野口みずきさんです。

実は野口さんは三重県の出身で、私は直接面識はないのですが、三重県人としても大変期待をしています。


考えてみると、三重県からは北京オリンピックで有力な選手が何人かいます。

野口さん以外に、同じく前回オリンピックで金メダルを取ったのが、女子レスリングの吉田沙保里さんです。彼女も三重県です。

そして、非常に人気のあるバドミントンの「オグシオ」の小椋久美子さんも三重県、私の選挙区の川越町なのですが、ビーチバレーの浅尾美和さんも三重県です。

そういうふうに見ると、オリンピックに向けて、スポーツの分野で三重県勢頑張ってるな、という気がします。

ただ、残念なのは、いまの4人はいずれも女性で、男性の活躍がいま一歩だというのは否めません。もう少し、我々も発憤しなければいけないかなと思っています。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP