ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 参院選――日本は木の国、山の国、田んぼの国

トピックス

2007.07.31|TALK-ABOUT [ブログ]

参院選――日本は木の国、山の国、田んぼの国


200707_01
いよいよ選挙も終わり、来週から国会が始まることになりました。私も昨日一日はゆっくりと身体を休めて、今日から再起動ということです。

民主党は大変大きな勝利を与えていただきました。支持していただいた皆様に対して、心から御礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

民主党は小沢代表を筆頭に、多くの議員が必死になって戦うことができた、団結して戦うことができた。そのことが良い結果につながったと思っています。


私もかなり全国を回りましたが、皆が一致結束して戦えたことが勝因の1つだと思っています。

私の回る先も、若干私の希望は申し上げましたが、基本的には党本部で決めていただいて、ずっと回らせていただきました。

そういう中で私が重点を置きたいと申し上げたのは、1つは3人区あるいは東京5人区で複数勝つ、そのために特に頑張って、東京、神奈川、埼玉、千葉、そして愛知といったところを回らせていただきました。

いずれも良い結果を生んだことは本当に嬉しかったですし、ありがたいことだと思っています。

そしてもう1つは、1人区の激戦区を中心に回りました。最終日は富山、愛知と回りましたが、富山のようないままでなかなか民主党が勝てなかった地域でも、新人の森田さんが勝利できたということは、本当に大きな風が起きた選挙だったなと思います。

これから国会が始まります。今日も常任幹事会がありまして、小沢代表が出てこられて元気に挨拶をされていましたが、これからの国会の中で我々がしっかりと責任を果たしていかなければならないと思います。

参議院では我々が出した法案が可決されるわけですから、そのことを最大限活かしながら、メリハリのある国会運営が必要だと思います。

特に民主党の参議院の存在が重要になりますで、参議院の皆さんとも連携を取りながら、しっかりとした国会運営をしていきたいと思います。

この長かった選挙戦で、ちょっと選挙とは別に私が感じたことは、日本というのはやはり木の国だな、山の国だなということです。

私の場合、県庁所在地というよりは、もう少し地方の都市を回ることが多かった、したがって、移動中に山を越えたりということも随分多かったのですが、本当に木の多い素晴らしい自然の国だということを感じました。

同時にその木が間伐されずに放置されている、そういう痛ましい姿も目に焼き付いたわけで、そういう意味で、森林再生ということも政治の大きな課題だと思います。

もう1つ感じたのは田んぼです。田んぼの美しさ、日本はもともと瑞穂の国と言われたわけですから、そういった水田の稲の緑の美しさ、そういったものも改めて感じました。

これから、そういった地域の再生のためにも、しっかりと頑張っていかなければならない、自然保護も重要なテーマであると改めて再認識したところです。これからもしっかり頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP