ホーム > トピックス > TALK-ABOUT [ブログ] > 内閣不信任案――菅さんの演説とトイレ「騒動」

トピックス

2006.12.15|TALK-ABOUT [ブログ]

内閣不信任案――菅さんの演説とトイレ「騒動」


いまちょうど、本会議場から戻ったところです。今日の本会議において、我々は安倍内閣不信任案を提出をし、そして、残念ながらそれが否決されて、議員会館に戻ってきたところです。

今回、不信任案を出すことについて、一部のメディアにも書かれたように、いろいろな議論がありました。


これは大変難しいんです。私が代表のときにも、内閣不信任案を国会の終盤に出すべきか、出さないべきか、かなり議論になったことがあります。

つまり、不信任案を出してしまうと、最終的には採決で負けてしまうわけですから、逆に信任したことになってしまう。そのことが分かっているなら、むしろ出さないほうがいい。こういう判断もあるわけです。

今回民主党には、必ずしも出す必要はないんじゃないかという意見もかなりあったんだと思います。しかし、他の野党は是非出すべきだと。

そういう中で、最終的に提出をしました。しかし、残念ながら、予想通りと言いますか、否決をされたということです。

今日の見所は、菅直人さん(代表代行)が久し振りに本会議場に立って、そして、不信任の理由を1時間近く説明したことです。時間の制限というのは特にないので、どれだけでもできるわけです。

いろんなことを菅さんは言われました。教育基本法の強行採決も言われましたし、「やらせ」の問題も言われました。核武装発言についてのコメントもされました。

しかし、一番面白かったのは1年前の選挙、あの復党組の問題について、やっぱりこれは選挙をやり直すべきだと。国民にもう一回信を問うべきだと。それが怖いんですかと詰め寄ったところが、最も菅さんらしくて、そして分かりやすかったと思います。

いつもながらの、菅さんの非常に分かりやすい問題設定、大変迫力があったと思います。

ただ、この不信案提出にあたって、今回菅さんが演説したわけですが、その直前に菅さんが一時いなくなるという、隠れた「騒動」がありました。

その前に出された会期延長に関する採決の数を数えている途中で、菅さんが私の隣にいる鳩山さんの肩をポンと叩いて、「ちょっとトイレに行ってくる」「戻らなければ幹事長、代わりにやっといてくれよ」、こう言ってニヤリと笑って本会議場から出て行かれたわけです。

会期延長の投票のカウントが終わり、雛壇に総理以下が並んでも、菅さんが戻ってこない。国対幹部が青くなってトイレに捜しに行ったと。こういうことがありました。

鳩山さんも「一体、菅さんどうしちゃったのかな」と心配しておられましたが、ぎりぎりセーフで間に合って、そして、さすがの演説をされたわけです。

トイレで何してたのかなと、ちょっと不思議な感じがした「騒動」でした。

いずれにしても、この国会、様々な問題、安倍総理の顔が見えない、何がやりたいのか分からない、そういう印象を非常に与えた国会だったと思います。

今回の不信任案の提出のこともあって、国会は来週の火曜日(19日)まで延長になりました。



コメントを返す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。


TOP